Days in Ladakh

『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』

『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』
文・写真:山本高樹
価格:本体1800円+税
発行:雷鳥社
A5変形判288ページ(カラー77ページ)
ISBN978-4-8441-3765-8
配本:2020年4月下旬

———

書き下ろしの旅行記としては、11年ぶりに、新刊を上梓します。

2019年の1月から2月にかけて、僕は友人のパドマ・ドルジェとその従弟のゾクパ・タルチンとともに、冬のザンスカールを旅しました。凍結したザンスカール川の上に現れる幻の道チャダルを辿り、雪崩が頻発する豪雪地帯ルンナク渓谷を抜け、最深部の僧院、プクタル・ゴンパへ。そこで真冬に催される祭礼、プクタル・グストルの一部始終を見届けるための旅でした。プロの写真家、あるいは文筆家で、真冬にプクタルまで往復してグストルの取材をしてきた人間は、日本にも、世界にも、たぶんいないと思います。

何年も前から自分で計画していた旅でしたが、出かけるまでは、文章も写真も、人に伝えるに足るものを持ち帰ることができるかどうか、正直、半信半疑でした。もしかすると、短い雑誌記事にまとめるのが精一杯かもしれない、と。

でも、実際に旅を終えてみると、僕の目の前には、旅に出る前には想像もしていなかった、一篇の冒険物語が立ち現れていました。僕自身の冒険ではありません。それは、ともに旅してくれた二人の友人と、旅の途上で出会った人々、そして、遠い昔から幾世代も生と死と祈りを紡いできた、ザンスカールに生きるすべての人々の冒険の物語でした。

これは、何としても、形にしなければならない。全身全霊を込めて、書いて、本にして、伝えなければならない。ただただ、その思いだけで、去年から一心不乱に制作に取り組んできました。こうして、刊行のお知らせをできる段階にまで漕ぎ着けられて、ものすごくほっとしています。

この本の出版を引き受けてくれたのは『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』の発行元でもある、雷鳥社。文中に現れる地名の表記など、細かい現地情報の確認には、ラダックの現地旅行会社ヒドゥンヒマラヤのツェワン・ヤンペルさんと上甲紗智さんにご協力いただきました。本のデザインは、プクタルを夏に訪れた経験もある知人のデザイナー、あきやまなおこさんに担当していただいています。カラー写真も約60点収録しているので、冬のザンスカールやルンナクの雰囲気を、存分に味わっていただけるはずです。

この『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』が書店に並びはじめるのは、4月25日(土)頃から。一部の書店では、『冬の旅』に数量限定特典のミニ写真集『夏の旅 ラダック、東の高地へ』を同梱した形での店頭販売を予定しています。どの書店でセット販売が行われるのかは、確定次第、このサイトでも随時お知らせしていきます。

また、この本の発売に際して、刊行記念トークイベントの開催も予定していますが、昨今の新型コロナウイルスの流行状況も慎重に考慮した上で、開催時期などの詳細をお知らせできればと思っています。今しばらくお待ちいただけると幸いです。

僕にとって、本当に、大切な一冊になりました。何かと不穏な世の中ですが、この本が、一人でも多くの方に届きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です