World

1/6ページ

『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』発売から二年

2020年4月28日に『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』を発売してから、早いもので、二年の歳月が過ぎました。もうそんなに経ったのか……という気もしますし、そんなに経ったにしては、発売の頃から続いているコロナ禍は、まだ全然収まってないな……という気もしますね(苦笑)。 去年の今頃にも、「『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』発売から一年」という記事を書いたのですが、それから現在に至るまでをあらた […]

「バター茶の味について思い巡らすこと」

エッセイの寄稿のお知らせです。教育と心理学を専門とする出版社、金子書房のnoteで特集されている「自己と他者 異なる価値観への想像力」というテーマに沿う形で、「バター茶の味について思い巡らすこと」というエッセイを書きました。 「バター茶の味について思い巡らすこと」(著述家・編集者・写真家:山本高樹) このエッセイで取り上げたのはチベット文化圏のバター茶ですが、バター茶に限らず、異国で食べ物や飲み物 […]

与えられた時間を

前回の投稿から、年末年始をまたいで2カ月以上、間が空いてしまいました(すみません)。最近の自分の近況などを書いてみようと思います。 ここしばらくは、今年の夏頃に刊行予定の新しい本の原稿を書いていました。去年の11月頃から丸々3カ月ほどもかかったのですが、どうにか最後まで書き上げて、最初の草稿が形になったばかりのところです。この後、じっくり推敲をして加筆修正を施して、春頃から編集・校正・デザインとい […]

第6回「斎藤茂太賞」授賞式スピーチ全文

2021年11月25日、東京の日本プレスセンターで、第6回「斎藤茂太賞」の授賞式が開催されました。受賞作に拙著『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』が選ばれたということで、僕も式に出席しました。何から何まで慣れないことだらけで、だいぶ疲れましたが(苦笑)、どうにかつつがなく終えることができて、ほっとしています。 授賞式では、壇上から短いスピーチをさせていただきました。僕にしては珍しく、あらかじめ原 […]

30年前の旅の日記

ひさしぶりに、僕の近況報告を、いくつかのお知らせと一緒に書いてみようかなと思います。 新しい本を二冊、それぞれ別の出版社から刊行することが決まりました。一方は2022年の夏に刊行される予定で、もう一方は2023年に入ってからの刊行になりそうです。来年には行けるようになっている(と思いたい)海外取材の入り具合にもよりますが、これから当面の間は、ひたすら本の原稿を書き続けていくことになりそうです。 来 […]

『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』完成しました!

6月中旬発売予定の新刊『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』。完成した見本誌が、僕の手元に届きました。どんな感じの本に仕上がったのか、実物の写真を交えてご紹介します。 この本の装丁を担当してくださったのは、マツダオフィスの松田行正さんと杉本聖士さん。松田さんはデザインについて少し詳しい方なら知らない人はいないというくらい、著名で経験豊富なアートディレクターの方です。今回、お仕事をご一緒 […]

1 6