プクタル・ゴンパ

プクタル・ゴンパ

「ラダックやザンスカールで一番神秘的なゴンパは?」と聞かれたら、僕は迷わず「プクタル・ゴンパ!」と答えます。ザンスカール南東部、車道も通じていない最果ての地にそびえる、美しく、そして不思議なゴンパです。

このゴンパに行くには、パドゥムからレルーという村までジープなどで移動し、そこからプクタルの近くにあるプルネという村まで歩かなければなりません。最短でも往復で丸3日、普通のトレッカーなら5日かかる道程です。僕は今回、パドゥム〜レルー間を往復するジープと、レルー〜プルネ間でバックパックを運んでもらうポーターを一人雇って、3日で往復しました。しんどかった‥‥。

断崖にしがみつくように連なる無数の僧坊と、その只中にぽっかりと口を開けた巨大な洞窟。崖の上には、聖木と崇められている大きなシュクパがポツンと立っています。見れば見るほど現実離れした光景です。

洞窟の周辺には、ドゥカンやゴンカン、カンギュールなどの重要なラカンが集結しています。崖の上のシュクパの真下にあたる洞窟の中には、このゴンパの創設者、チャンセム・シェーラブ・サンポにゆかりがあると言われるチョルテンが立っています。

このゴンパはラカンの中もすごいのですが、残念ながら撮影禁止‥‥。カルシャ・ゴンパのラブランと同じ時代に描かれたと思われる素晴らしい壁画や、素朴で味わいのある仏像の数々を見ることができます。

プクタル・ゴンパの老僧。このゴンパの僧侶たちはとても気さくで、台所で昼飯をただでご馳走になってしまいました。ありがたや。

ザンスカールに来たとしても、かなりの時間的余裕がないと足を伸ばしにくいゴンパですが、手間と時間をかけて訪ねる甲斐は十分にあると思います。

ザンスカールカテゴリの最新記事