Days in Ladakh

ラダックと環境問題

ヒドゥンヒマラヤのサチさんもブログで言及されていますが、2020年から、ストク・カンリへの入山がしばらく禁止されることになりました。期間ははっきりしていませんが、今後数年間は登山が許可されないだろうとのことです。

ストク・カンリは標高6123メートルに達するラダックでも有数の高峰で、その高さの割にアプローチが短くて容易なことから、最近は多くの登山者が押し寄せるようになっていました。それに伴って、登山者が投棄するゴミなどによる環境破壊が深刻化していたこと、ここ数年の間に登山者の死亡事故が相次いでいたことなどが、閉山の理由になったのではないかと思います。

ラダック界隈での登山を愛好されている方には申し訳ないのですが、個人的には、こうしたコントロールがなされるのは、ラダック全体にとってはよい方向なのではないかと考えています。

ラダックを訪れる観光客の増加による環境破壊は、ストク・カンリ以外の場所でも緊急の課題となっていて、実際にいくつかの対策が打たれています。たとえば、パンゴン・ツォでは、湖畔に建てられた食堂やキャンプホテルから排出されるゴミや汚水が湖の汚染の原因になってきていたため、湖から一定距離内での店や宿の営業が禁じられました。トレッカーによるゴミの投棄が問題になっていた冬のチャダル・トレックでは、旅行会社が責任を持ってゴミを持ち帰るというルールが制定され、キャンプサイトではトイレの設置やゴミ回収スタッフの派遣が行われるようになりました。

こうした環境保護目的の施策は(インドあるあるですが)いずれも唐突かつ強権的に始められてしまうので、関係者の方々は大変だろうなあとは思いますが、まったく何もアクションが起こらないよりはずっとましなのかもしれません。

ラダックは、レーを中心としたゴミや生活排水の処理など、依然として大きな課題を抱えています。インド政府は、ハコモノや道路など目に見える部分に投資するだけでなく、環境を守るために必要な、目に見えづらい部分への取り組みも今後進めてくれたらなあ、と思います。

新しい本、製作順調です!

あけましておめでとうございます。少し前の12月27日(金)には、ラダックのロサルもありましたね。今年もよろしくお願いします。

去年は本当に、これでもかというくらい、いろいろあった年でした。特に、初夏から夏にかけては、想定外に嫌なトラブルも経験したりして。ただ、それらのトラブルはいずれも他人由来の原因で起こったもので、自分自身に省みるべき点があったかというと、何もないんですよね。だから今年も、自分の信じる「まっとうに筋を通すやり方」で、今まで通り、自分が大切に思えるものを一つずつ積み上げていくだけだな、と思っています。

……まあ思うに、去年はたぶん、出だしの1月2月の数週間で、1年分の運を使い切っちゃったんじゃないかなと(苦笑)。それくらい濃密な旅の時間だったんですが、その旅について書いている新しい本の製作は、今のところ順調です。去年のうちに草稿をどうにか書き上げることができたので、今は推敲作業に入っています。順調にいけば、4月下旬頃にはお届けできるかな、と。良い本にできればと思っていますので、今しばらくお待ちください。

本の発売に際してのイベントや展示なども、いくつかの話がすでに動き始めていますが、これらについての情報も、もう少しだけお待ちいただけるとありがたいです。新体制で臨む夏のラダックでのガイドツアーについても、水面下でいろいろ準備中ですので、こちらもお楽しみに。

そんな僕の今年最初の海外渡航は、意外にも、台湾です。何気に初台湾という。1月6日から11日まで、かなり駆け足の旅ですが、ちょっと南の、とある場所を訪ねてこようと思っています。油断しないようにしつつ、がんばってきます。

新しい本に関して、また何か進捗がありましたら、ご報告しますね。ではでは。

2020年に向けて、2つのお知らせ

上の写真は、冬のレーで見かけた、謎の移動販売車。お客さんはワンコ2匹でした(笑)。

ものすごくひさしぶりの更新になりました。10月に毎年恒例のタイ取材で4週間近く留守にしていたというのもありますが、日本にいる間も、デスクワークにかかりっきりで、ほとんど修行僧のような生活を送っていました。実は今もまだ、その真っ只中にあります。

あまりにも何も更新しないまま、うっかり死亡説が流れたりすると、それはそれでやばいので(苦笑)、このあたりで、来年2020年に予定している計画を2つ、とりあえず現時点でオープンにできる範囲内でですが、お知らせしておこうと思います。

———

お知らせその1:ザンスカールについての新しい本を出します!

今年前半に実施した取材をもとにした、ザンスカールについての新しい本を今、執筆中です。ガイドブックの類ではなく、「ラダックの風息」の初版刊行以来、約11年ぶりの、書き下ろしの旅行記になります。写真もすべて撮り下ろしで、できるだけたくさん収録する予定です。

発売時期は今のところ、2020年の春頃を予定しています。僕さえ順調に原稿を上げられれば、ですが(汗)。発売に際して、トークイベントや写真展示など、可能であればやってみたいと考えているのですが、今のところはまだ未定です。発表できる段階になったら、できるだけ速やかにお知らせできればと思っています。

まだ、原稿を書いている真っ最中なので、何とも言えないのですが……「ラダックの風息」の帯文につけられていた「人生の冒険の物語」というコピーを踏まえるなら、今度の本は「人生の意味を問う物語」になるのかな、と自分では感じています。ともあれ、良い本に仕上げられるように、今の自分の持っている力をすべて振り絞って、頑張りたいと思います。

お知らせその2:新体制でラダックツアーガイド業務を再開します!

以前、別のエントリーで、これまで僕にラダックでのツアーガイド業務を依頼してきていた日本の旅行会社と、袂を分かったことをお知らせしました。僕自身、ガイドの仕事とはこれで縁がなくなったかなと考えていたのですが、その後、日本国内の別の旅行会社と契約させていただくことになり、来年から新たな体制でツアーガイド業務に復帰することになりました。個人的にも、正直、とても嬉しいです。

ツアーに関しては、今年の夏からカシミール情勢が非常に不安定なので、引き続き状況を注視しつつ、万全の上にも万全を期す形でプランを練りたいと考えています。この件に関しても、具体的に発表できる段階になったら、できるだけ速やかにお知らせしようと思います。

今回は、以上です。ほんとにざっくりした速報だけですみません。とりあえず今は、目の前の原稿を頑張ります!

カシミール情勢の緊迫について

2019年8月5日。この日は、カシミールとラダック、そしてインド全土からパキスタンに至るまで、かつてない激震の走った一日となりました。インド政府が突然、ジャンムー・カシミール州に特別な自治権を付与する憲法第370条の廃止を決定。それどころか、ジャンムー・カシミール州そのものまで解体し、ジャンムー・カシミールとラダックに分割し、それぞれを連邦直轄領とすることも発表したのです。

今ふりかえると、予兆は数日前からありました。大規模なテロ攻撃の可能性があるとして、カシミール一帯に滞在中の旅行者や巡礼者に対して退避勧告が発出されていたのです。しかし、それと時を同じくして、インド軍は合計で約8万人という、テロ警戒用としては不自然なほど大規模な部隊をカシミール方面に増派。スリナガルでは市民に対して移動や集会の禁止が命じられ、学校は閉鎖、電話やインターネット回線も遮断、地元の有力な政治家たちも自宅軟禁にされるなど、実質的な戒厳令下に置かれていました。すべては、ジャンムー・カシミール州の自治権の廃止と連邦直轄領化を実現するための布石だったのです。

ラダック人の仏教徒の人々にとって、ラダックの連邦直轄領化は、長年の宿願ではありました。イスラーム教徒が主導権を握るジャンムー・カシミール州政府の下では、ラダックに対してなかなか思うような予算が付かないことも多かったそうで、政府に対してラダックの連邦直轄領化を望む声は以前から多かったのです。

ただ、カシミールの人々にとって今回のインド政府の決定は、自分たちの民意とアイデンティティを完全に押しつぶされたと受け取られても仕方のない、性急で強引なものであることも確かです。州内のイスラーム教徒全員を敵に回したと言っていいほどの。それはカシミールだけでなく、ラダックでもカルギルなど西部を中心に多数暮らしているイスラーム教徒の人々ももちろん含まれます。パキスタン側の動きとの関連も含め、彼らが今後、いつどこでどのような反発を見せるのか、まったく予断を許さない状況です。

ラダックへは、これからお盆休みやシルバーウイークにかけて、大勢の日本人旅行者の方々が訪れる予定だと思いますが、外務省の海外安全情報をはじめ、最新の現地情報を常に収集するように心がけてください。特に、パキスタンとの停戦ラインに近い地域(カルギル、ヌブラ西部、ダー・ハヌーなど)を訪ねるのは、可能であれば控えた方が無難でしょう。不確定要素の多さで言えば、今年2月頃にインドとパキスタンがカシミールで武力衝突した際よりも予測が厄介なのでは、と僕は考えています。くれぐれもご注意ください。

最後に。インドよ、こんな強引なやり方のどこに、民主主義があるというのですか?

2020年以降のラダックでのツアーガイド業務について

上の写真は、ラダックのハンレ・ゴンパで撮影した星空。インド国立天文台の観測所が置かれている場所ならではの、さすがの星空でした。

夏のラダックでの滞在を終えて帰国して、1週間ほど経ちました。今年は写真家の松尾純さんとともに訪れたハンレ方面の取材のほか、合計3つのツアーへのガイドとしての添乗の予定があったのですが、そのうち最後に予定していたトレッキングツアーが催行人数に達しなかったためキャンセルになり、その関係で当初の計画より1週間ほど早く帰国した次第です。それでもまあ、ハンレ〜パンゴン・ツォ方面をぐるりと2周(苦笑)回って、そのあとは10日間近くザンスカールでしたから、かなりきつかったですけど。

今年もツアー中には大小いろいろなトラブルがあり、特にザンスカールツアーに関しては、本当にお客様方にいくらお詫びしてもしきれないくらいの手配上の大きなミスが起きてしまいました。主催者側の事後の補償も含めて十分な対応がなされたとは客観的にもとても言えず、僕としては今も本当に申し訳なく思っています。

そうした事柄と直接関係があるわけではないのですが、この夏に、あらためて決めたことがあります。

2015年から今年まで5年間にわたって、日本の旅行会社GNHトラベル&サービスが主催するラダック現地発ツアーのガイドの仕事を担当してきましたが、来年2020年以降、同社の主催するラダック現地発ツアーには、僕はガイドとしての協力はしないことに決めました。

理由の詳細については書きませんが、少し前に、いくつかの原因で僕とGNHトラベル&サービスとの間での信頼関係が大きく損なわれ、その信頼関係を修復するのは今後も困難であると判断したためです。

同社とはここ最近、同社のコーポレートサイトのリニューアルや書籍「LADAKH LADAKH」の制作と関連イベントの開催などで協業してきて、自分なりに全力を尽くしたつもりでしたが、今となっては正直、徒労感しか残っていません。サイトの件も本の件も、大勢の知人の方々にご協力いただいた案件だったので、その方々に対しても本当に申し訳ない気持でいます。

ただ、ツアーのガイド、特にラダックのような場所でのガイドの仕事は、大げさでなくお客様の健康管理、もっと言うと命をお預かりする仕事です。ツアーを主催する日本の旅行会社に対する不信感を拭えないまま、そうした仕事を自分なりに責任を持って遂行していくことは難しいし、すべきではない、と判断しました。

念のため書いておきたいのは、こうした信頼関係の喪失は、過去5年間のラダックツアーの現地手配を担当してくださった旅行会社、ヒドゥンヒマラヤとは関係ありません。ヒドゥンヒマラヤの上甲紗智さんとツェワン・ヤンペルさんとは10年来の古い友人ですし、お二人が毎年常に最大限の努力をしてツアーの手配に尽力してくださっていたのは、僕だけでなく、ツアーのお客様方全員がご存じのはずです。信頼関係の喪失は、僕とGNHトラベル&サービスとの間だけでの問題です。

ツアーガイドの仕事。5年前に始めた時は、内心「自分には無理なんじゃね?」と戦々恐々でした。僕自身、グループツアーに参加した経験がほとんどないくらい、団体行動が苦手な人間でしたから。でも、毎年サチさんが手配してくれる腕利きのドライバーさんたちやガイドなど、大勢のスタッフと協力しながら毎年のツアーを作り上げていく中で、僕もスタッフやお客様方から、普段写真家や物書きをやっているだけではけっして学べなかったことを、本当にたくさん学ばせていただきました。

毎年々々何十人も動員できるような景気のいいツアーではありませんでしたが、何度もリピートしてくださる方々も大勢いらっしゃいました。常連のお客様の一人に、「ラダックを旅する日本人にとっても、ラダックで暮らしている現地の人々にとっても、彼は最高のガイドだよ」という意味のことを言っていただけたのは、僕にとって最高の褒め言葉でした。5年間続けてきて、僕自身、ラダックでのガイドの仕事が少し好きになれていたのかな、と思います。

ですが、そのガイドの仕事も、今年限りで終わりにします。

インドには、来年以降も取材の仕事で毎年ほぼ間違いなく行かなければならないことになりそうですし、インドとの縁が途切れるわけではないのですが、ラダックに滞在する機会や期間は、これまでよりも短くなるかもしれません。来年以降の僕のガイドツアーを楽しみにしてくださっていた方々がもしいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありませんが、ヒドゥンヒマラヤに直接日本語メールで旅行のご相談をしていただければと思います。

手前勝手な理由で、すみません。よろしくお願いします。