Days in Ladakh

2018年のラダック&ザンスカールツアー、日程発表!

「標高高い系フェス!」の会場でも紹介しましたが、2018年の夏も、ラダックでツアーガイドを務めさせていただくことになりました。今年の夏のツアーは、ザンスカールを訪れるプランと、上ラダックと下ラダックとツォ・モリリをめぐるプランの2種類。いずれも、日本の旅行会社GNHトラベル&サービスとラダックの現地旅行会社ヒドゥンヒマラヤとの共同開催によるツアーです。

山本高樹同行 ザンスカールの旅 プクタル僧院訪問とサニのお祭り見学 9日間

ザンスカールのツアーは昨年も開催して、おかげさまで好評だったのですが、今年はさらに改善を加え、より盤石な形でご案内できるようにしました。ツアー全体の日程を1日増やし、ザンスカールに向かう往路の途中、アティンという村でのホームステイを追加。そこからほど近い古刹ゾンクル・ゴンパも訪問します。昨年のツアーの目玉だったプクタル・ゴンパももちろん訪問。僕が「ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]」の表紙写真を撮ったスポットにもご案内します。サニ・ゴンパで催されるチャム(仮面舞踊の祭り)、サニ・ナロ・ナスジャルも見学しますが、実は今年のこの祭りの日の夜、現地では皆既月食が見られるという情報も……。いろんな意味ですごいプランになりそうです。

山本高樹同行 ラダックの旅 上ラダック・下ラダックの僧院探究とツォ・モリリ訪問 6日間

一方、ラダックでのツアーは、ラダックを初めて訪れる方におすすめできるベーシックな要素を備えつつ、リピーターの方にも楽しんでいただけるように、スムダ・チュン・ゴンパやピャン・グル・ラカン、サスポルのダクプクなど、知る人ぞ知るスポットへの訪問をセット。鍛治職人の村チリンにも滞在しますし、ツォ・モリリへの旅の途中には、ヒドゥンヒマラヤの上甲さんが「私のとっておきの場所です!」とおすすめしてくださった村(村の名前は秘密です……!)でのホームステイを予定しています。個人旅行ではなかなか回りきれない場所を、コンパクトな日程で旅することができるプランになっています。

いずれも発表したばかりのツアーですが、もうすでに、どちらのプランにもお申し込みをいただいているとの情報が(早っ!)。ご興味をお持ちの方は、お申し込みの前にとりあえずお問い合わせのメールだけでもGNHトラベル&サービスにお送りいただければ、詳しい情報を逐次ご報告させていただきますので、お気軽にどうぞ。

今年の夏も、ザンスカールで、ラダックで、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。お待ちしています!

「ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]」完成しました!

2018年3月22日(木)に発売される新刊「ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]」。なかなか厳しい制作スケジュールでしたが、どうにか無事に完成して、見本誌が手元に届きました! 現物を撮影した写真を何枚かお見せしながら、どんな感じの本になったのかをご紹介しようと思います。

まず表紙カバーは、初版と違って、表紙側も裏表紙側も写真を全面裁ち落としでレイアウト。初版のカバーはコート系の紙にグロスPPという光沢感のあるコーティングをかけていましたが、増補改訂版ではマット系の紙とコーティングを採用。しっとり落ち着いた質感になりました。この紙とコーティングで写真の色味をイメージ通りに再現するのに、印刷会社の担当者さんは相当苦労されたそうです(すみません……)。
Read more

「ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]」電子書籍も発売中!

2018年3月下旬から発売した「ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]」。おかげさまで販売はまずまずの出だしのようで、いくつかの書店からは追加注文も承っています。特に、一部の書店で販売されている数量限定の小冊子とポストカードを同梱した限定セットは、かなりご好評いただいているようです。本当にありがとうございます。

さて、この本、電子書籍バージョンも用意されていまして、4月初旬頃から順次販売が始まっています。今の時点で入手できる電子書籍ストアは以下の通りです。

アマゾンKindleストア
アップルiBooks Store
紀伊国屋書店Kinoppy
honto電子書籍ストア
楽天Kobo電子書籍ストア
Books on Google Play
BookLive!
COCORO BOOKS
Reader Store
eBook Japan
dブック
セブンネットショッピング

この本に関しては、単純に比較すると、紙の書籍の方がよく売れています。紙に印刷された一冊の本としての佇まいやモノとしての価値を評価してくださっている方が多いのかな、と、本の作り手としてはとても嬉しいです。一方、電子書籍版の方は、いったんダウンロードしてスマートフォンやタブレットに入れておけば、旅の最中も荷物がかさばらなくて便利なのは確かです。ただ、ラダックでは停電はしょっちゅうですし、充電ができない宿もたくさんあるので、紙の本を持っていた方が何かと安心、といういささか特殊な事情はありますね(笑)。

というわけで、紙の書籍と、電子書籍、どちらもよろしくお願いします。

たかのてるこさんとのトークイベント@本屋B&B出演のお知らせ

立て続けで恐縮ですが、トークイベント出演のお知らせです。6月8日(金)夜、下北沢の本屋B&Bで開催されるトークイベント「インドのラダックを旅したら、割と本気で人生が変わった。」に、エッセイストのたかのてるこさんと共に出演させていただくことになりました。

たかのてるこさんは、これまでに本当に数多くの旅の本を書かれていて、旅好きなら誰もが知っている旅人・エッセイスト。2004年に刊行された『ダライ・ラマに恋して』では、かなりのページを費やして、ラダックでの旅の経験を綴ってらっしゃいます。一昨年にたかのさんが上梓された単行本が、僕の新刊と同じ出版社から刊行されていたことがご縁となって、今回のトークイベントでご一緒させていただくことになりました。

このトークイベント、どういう映像素材をプロジェクターでお見せするか、といったごくおおまかな段取りはつけているものの、トークの内容そのものはあえて事前に打ち合わせをせず、出たとこ勝負のフリーダムなノリでいきましょう、という話になっています。たかのさんのマシンガントークに、はたして僕は太刀打ちできるのでしょうか(たぶんできない、笑)。僕自身にとっても今まで経験したことのないタイプのトークイベントになりそうで、とても楽しみです。

トークイベントへの参加お申し込みは、こちらのページから。空席があれば、当日ご来場いただいてからのお申し込みでも参加可能ですが、前売りの方が500円も安いので、事前予約がおすすめです。本屋B&Bは昨年末に同じ下北沢で移転してから、イベント開催時の収容キャパがかなり拡大しているそうなので、ぜひ大勢の方々にお集まりいただきたいです。ご来場、お待ちしています!

以下、今回のトークイベントの詳細です。

———
Read more

トークイベント「あなたの旅を本にしてみませんか?」第2弾開催!

昨年2月に開催して、おかげさまでご好評いただいたトークイベント「あなたの旅を本にしてみませんか?」。このたび、その第2弾を2018年5月22日(火)夜に、文禄堂高円寺店で開催することになりました。

第2弾の特徴は、「現役編集者があなたの“旅本”企画にアドバイス!」。事前に希望者の方々から募集した旅の本の企画案をこちらで拝見させていただいて、実際に本という形にするならどのような方法を選ぶべきかとか、内容的にここをこうした方がもっとよくなるのではとか、編集者目線でのアドバイスをイベント中にさせていただくという趣向です。

なぜこのような内容にしたかというと、昨年第1弾を開催した時、終了後の旅人barの席上で、何組もの方々が自身の旅の本の企画書を僕に見せてくださって、いろいろご質問いただいたんですね。世の中にはこんなに旅の本を作りたいと真剣に考えている方々がいるのだなあと実感しましたし、もし第2弾をやるのであれば、ぜひ企画に対して具体的なアドバイスを送る形にしたいと思っていました。それが実現することになって、とても嬉しいです。もちろん、自分自身の企画案はないけれどトークイベントに興味はある、という方も大歓迎です。

当日は僕の他、『ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]』や『撮り・旅!』をこれまで一緒に作ってきた、ダイヤモンド・ビッグ社の編集者、高島正人さんと、モデレーターとしてSAGOJOの鼈宮谷(べっくや)千尋さんにご登壇いただきます。

トークイベントへの参加お申し込みは、Peatix(http://ptix.at/ru2DsR)にて。きっと前回以上に面白いイベントになると思います。ご来場、お待ちしています!

以下、トークイベントについての詳細です。

———
Read more

「ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]」限定小冊子セット販売情報

ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]」の配本が始まって、約3週間ほど経ちました。実際に本をご購入いただいた方々からの感想もこちらに届きはじめていますが、喜んでいただけているようで、ほっとしています。一番多いのは「改訂版なのに、まったく別の本みたい」という感想ですね。新鮮な感触で読めるように編集的にあれこれ工夫を凝らしたので、うまくいってよかったです。ジュンク堂書店池袋本店さんの2階旅行書コーナーで開催させていただいている写真展「ラダック ザンスカール スピティ」にも、おかげさまで大勢の方々にご来場いただいているようで、どうもありがとうございます。

さて、諸事情でまとめてお知らせするのがちょっと遅れてしまったのですが(すみません)、今回の「ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]」の発売に合わせて、小冊子とポストカードを数量限定で制作しました。小冊子には、本には未掲載のレーの旅行情報(宿×4、レストラン×10、ショップ×2)を収録しています(本の側のレー市街地図には、小冊子で紹介している物件の所在地は掲載しています)。この小冊子とポストカードを本に同梱して販売していただいているのは、下記のお店です。

ジュンク堂書店池袋本店(ラダック写真展同時開催中)
紀伊國屋書店新宿本店
ブックファースト新宿店
代官山蔦屋書店
三省堂書店神保町本店
丸善丸の内本店
リトルスターレストラン(三鷹・タイ写真展同時開催中)
オリオン書房ノルテ店・ルミネ店(立川)
紀伊國屋書店グランフロント大阪店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
大垣書店四条店(京都)
ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店(兵庫)

小冊子とポストカードを同梱したセットは、なくなり次第終了で、増刷の予定はありません。実は5月と6月にも東京都内でトークイベントを計画しているのですが、その時まで小冊子の在庫が保つかどうか、かなり微妙な状況です。ご興味のある方は、店頭在庫のある今のうちにぜひ。

写真展「ラダック ザンスカール スピティ」開催中!

ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]」の配本が、先週の後半から始まりました。著者としては、これからしばらくの間、スパイか何かのように各書店の旅行書コーナーをこっそりチェックして回る日々が続きます(笑)。まあ、それもこの時期ならではの愉しみですが。

今回の本の発売に際して、ジュンク堂書店池袋本店さんにご協力いただき、同店の2階旅行書コーナーの壁面で約1カ月間、写真展「ラダック ザンスカール スピティ」を開催させていただいています。2年前の写真展「風息の行方」で展示した写真と新規の写真を半々にして構成しています。コンパクトな展示ではありますが、池袋にお立ち寄りの際はついでにちょっと覗いてみていただけるとうれしいです。

ジュンク堂書店池袋本店さんでは、「ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]」に、本には未収録のレーの旅行情報を掲載した小冊子とポストカードをセットにしたものを、特別に販売していただいています。小冊子はなくなり次第終了なので、この機会にぜひ。