Days in Ladakh

それでも僕が旅に出る理由

event0518

5月18日(水)夜に代官山蔦屋書店で開催した、写真家の三井昌志さんとのスライドトークイベント「ラダックと渋イケメン 〜それでも僕たちが旅に出る理由〜」。正確な数字はまだこちらに届いていないのですが、会場の後方の席までぎっしり埋まるほど大勢の方々がご来場くださって、終了後のサイン会でも長い列を作ってくださいました。本当にありがとうございました。

三井さんが小気味いいテンポのトークとともに見せてくれた渋イケメンたちの写真の素晴らしさはもう圧巻の一言で、そうした知られざる人々との出会いと、その時の自らの心の動きを三井さんが大切にされていることが伝わってきて、僕自身もとても楽しませていただきました。新鮮な出会いを求めて常に旅を続ける三井さんにも、芯の部分には常にぶれずに大切にし続けている視点がある。僕はラダックという一つの場所(といってもだいぶ広いですが)にこだわりながらも、そこから人と自然とのありようという、より広い視点を見出そうともしている。二人のそういう違いがあらためて浮き彫りになったのも興味深かったです。

今回のイベントのタイトルに使った「それでも僕たちが旅に出る理由」という文言は、僕が考えました。自分はなぜ旅に出るのか。なぜ旅にこだわるのか。正直言って、自分でもよくわかりません。ただ、旅の中でも自分にとって一番大切にしたいと思える旅は、必ず何らかの形で、旅の本にしたいと思っています。なぜ旅の本を作り続けたいと思うのか、それにははっきりとした理由があります。

このイベントの会場となった代官山蔦屋書店でかつて旅行書のコンシェルジュを務め、自身もトラベルライターだった森本剛史さんは、2014年の夏の終わりに亡くなられました。その年の暮れ、お別れの会が代官山蔦屋書店のすぐ近くで催された時、森本さんの書斎の様子を撮った映像が会場で上映されました。映し出されたのは、森本さんが次に書こうとしていた本の構想をびっしりメモしたノート。最後の最後まで、森本さんは旅の本を作り続けようとしていたのだと知りました。

その時、ぽん、と、バトンを渡されたような気がしました。「ヤマモト君、次はどんな本を作るの? いいのができたら、持ってきてよ」と、いつものように、軽い調子で言われながら。

世の中には、「自分の旅の本を作りたい」と思っている人はものすごく多いと思います。でも、みんながみんな、それを叶えられるわけではありません。能力云々以前に、仕事や家庭、健康の問題など、いろんな事情であきらめなければならない人もたくさんいます。ましてや、作り続けるのはもっと大変です。そんな中、僕はたまたま運のいい巡り合わせで、旅の本を作ることのできる境遇にいさせてもらっている。それでも苦労してばかりですが、やってやれなくはない立場です。

だったら、やれるだけやってみよう。森本さんやいろんな人たちから受け取った(と僕が勝手に思い込んでいる)無数のバトンを抱えて、自分にとって大切だと思える旅を本という形にする仕事を、続けられるだけ続けよう。走って走り続けて、いつか力尽きて、別の誰かにバトンを渡すことは絶対間違いないけれど、その時が来るまでは、全力で。

一冊の本が、誰かを旅に連れ出すこともある。旅に出られない人の心に、寄り添うこともある。そういう旅の本を作ることを、僕はこれからもずっと追い求めていきたいと思っています。

写真展「風息の行方 ラダック ザンスカール スピティ」後半の展示開始!

lskhbnnr00s

3月29日(火)からスタートした写真展「風息の行方 ラダック ザンスカール スピティ」、あっという間に前半の展示を終え、4月30日(土)からは半分強の写真を入れ替えた後半の展示が始まります。前半はパンゴン・ツォやチャンタン高原、ザンスカールなどの自然を主なテーマにした展示でしたが、後半は2012〜13年に集中的に取材したスピティの人々とその暮らしぶりを中心とした内容になります。

会場では引き続き、未収録エピソードの小冊子とポストカード2種をセットにした「ラダックの風息[新装版]限定特典セット」の販売も行っています。僕の在廊の予定はSNSなどで随時お知らせするようにします。みなさんのご来場をお待ちしています。

———

山本高樹 写真展
「風息の行方 ラダック ザンスカール スピティ」

インド北部、ヒマラヤの西外れにひっそりと息づくチベット文化圏、ラダック、ザンスカール、スピティ。この地をずっと見守り続けてきた「ラダックの風息[新装版]」の著者、山本高樹による最新写真展。空果つる地を吹き抜ける、風息の行方を辿る旅へ。

期間:2016年3月29日(金)〜5月29日(日)
会場:リトルスターレストラン
東京都三鷹市下連雀3-33-6 三京ユニオンビル3F
TEL&FAX 0422-45-3331 http://www.little-star.ws/
時間:11:30〜24:00(土日祝12:00開店/日祝23:00閉店)
定休:月曜日(臨時休業や貸切の日もあるため、同店のサイトをご確認ください)
料金:無料(会場が飲食店なので、1品以上のオーダーをお願いします)

※会場では山本高樹の最新刊「ラダックの風息[新装版]」に部数限定の小冊子「未収録エピソード」とポストカード2種をセットにした「ラダックの風息[新装版]限定特典セット」の販売も行います。

2016年のラダックツアー、催行決定!

DSC_0327

3月初めにこのサイトでもお知らせした、昨年に引き続き2016年の夏も僕がガイドを務めさせていただくことになった、ラダック現地発着ツアー3コース。まだまだ先の話だよなあと呑気に構えていたら、なんと、もうツアーの催行が正式に決定してしまったそうです。どうもありがとうございます!

第2回 写真家&ライター・山本高樹同行ラダックの最果ての地への旅 3コース
A パンゴン・ツォ2日間
B ダー・ハヌー4日間
C ツォ・モリリ3日間

ツアーの詳細に関しては、上記のリンク先にあるページにまとまっていますので、そちらをご参照ください。各コースとも、完全に定員に達するまでにはまだ余裕がありますが、正式なお申し込みではないけれど具体的に突っ込んだ問い合わせをいただいている方々は相当数いらっしゃるそうで、気がついた時にはすでに定員に……となる可能性もあります。加えて、ツアーとは別に各自でご手配いただくデリーとレーの間の飛行機は、毎年のことながら、もう今くらいの時期からでないと確保しづらくなってきています。どうしようかなとお悩み中の方は、とりあえずお問い合わせだけでも先にされておくのをおすすめします。

今年もまた、みなさんにラダックの魅力をお伝えできるツアーにすべくがんばりますので、よろしくお願いします。

三井昌志×山本高樹 スライドトークイベント@代官山蔦屋書店のお知らせ

Matho

先日のモンベル御徒町店でのブータン&ラダックトークイベントに続き、5月18日(水)の夜にも「ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]」の発売に合わせて企画していただいたトークイベントに出演させていただきます。今度のお相手は、昨年「渋イケメンの国」を上梓された写真家の三井昌志さん。同じ雷鳥社刊行の本というご縁もあってのコラボです。

会場となる代官山蔦屋書店のスタッフの方々からは、「どっぷり濃い旅の話を思う存分してください!」という珍しいオーダーをいただいているので(笑)、三井さんと二人で、ディープな旅の話をさせていただこうと思っています。

このトークイベントの詳細とお申し込み方法は下記にてまとめています。一番手っ取り早くて確実なのは、代官山蔦屋書店さんに電話(03-3770-2525)でお申し込みいただく方法だと思います。直前になると定員に達してしまっている可能性もありますので、早めの段階でのお電話をおすすめします。

なお、参加方法の選択肢の一つである「ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]」には、数量限定特典の未収録エピソード小冊子とポストカード2種がもれなく同梱されます。特典を確実にゲットしたいという方には良い機会かと思いますので、ぜひ。

今度も面白いイベントにできればと思っています。みなさんのご来場、お待ちしています!

Read more

旅をするのに理由はいらない

montbell0416

4月16日(土)にモンベル御徒町店で開催した、ブータン写真家の関健作さんとのトークイベント「ブータンとラダックにいったい何があるというんですか?」。関係者の方々の出入りを除くと、最終的に69名もの方々にお集まりいただき、大盛況のうちに終えることができました。会場ではたくさんの方々が「ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]」をお買い求めくださって、終了後にはサインのために長い行列を作って待ってくださいました。僕なんぞのために本当にすみません。ありがとうございました。

今回のイベントのタイトルは、言うまでもなく、村上春樹さんの本のタイトルにヒントを得たというか、オマージュというか(笑)、まあそういう感じなのですが、あえてこのタイトルにしたのは、僕なりの理由がありました。つまり、「そこに何々があるから」というようなはっきりした目的や理由がなくても、旅したっていいんじゃないかなという。理由はうまく説明できないけど惹かれるとか、何となく気になるとか、そんな程度の動機でぷらっと旅に出てしまってもいいんじゃないかなと思うのです。特に、ラダックに何度も来てるようなリピーターの人には、自分も含めてそういう傾向の人が多い気がします。

何から何まで細かく決め込んだ計画を予定通りに消化するだけの旅より、特に理由も目的もなくぷらっと出かけて、時に突拍子もない事態や偶然のいたずらに遭遇するような旅の方が、僕は好きだし、楽しいと思っています。そういう想定外のことが起こる確率は、ラダックはものすごく高いです(笑)。なので、みなさんも、気が向いたらラダックに行ってみてください。

「ラダックの風息[新装版]限定特典セット」店頭在庫情報!

littlestar_seki

上の写真は、三鷹のリトスタで開催中の写真展「風息の行方 ラダック ザンスカール スピティ」にご来場いただいた友人の写真家、関健作さんに撮っていただいた一枚。リトスタの人たちからは「冷血非道なヤマモトさんをこんな風に撮るなんて、すごい写真家さんだね!」と好評でした(笑)。

ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]」が書店の店頭に並び始め、ご購入いただいた方々からも少しずつご感想をいただいています。どうもありがとうございます。

当初、写真展の会場と、4月から5月にかけて予定しているトークイベントの会場、そしてNPO法人ジュレーラダックの通信販売でのみご提供する予定だった、数量限定の未収録エピソード小冊子とポストカード2種を同梱した「ラダックの風息[新装版]限定特典セット」ですが、書店の方々からのご依頼などもあり、都内の一部書店の店頭にて少数ながら販売していただけることになりました。「ラダックの風息[新装版]限定特典セット」をお取り扱いいただいている書店は下記の通りです。

代官山蔦屋書店
紀伊國屋書店新宿本店
紀伊國屋書店新宿南店
ジュンク堂書店池袋本店
丸善丸の内本店
丸善日本橋店
ブックファースト銀座コア店
HMV&BOOKS TOKYO(渋谷)
オリオン書房ノルテ店(立川)
かもめブックス(神楽坂)
Title(荻窪)
水中書店(三鷹)
三省堂書店神保町本店 ←NEW!
青山ブックセンター六本木店 ←NEW!
文禄堂荻窪店 ←NEW!

いずれの書店でも、特典の小冊子とポストカードを挟んで同梱している本とそうでない本が混在している可能性があるので、「限定特典セット」のご購入の際は必ず書店員さんに特典の小冊子とポストカードの有無をご確認ください。もし、書店員さんに聞いてみてそのお店では売り切れだった場合は、何卒ご容赦ください。

小冊子もポストカードも数量限定ですので、お早めに! よろしくお願いします。

「ラダックの風息[新装版]限定特典セット」準備完了しました!

bonus01

ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]」、本体の完成に続いて、特典の小冊子「未収録エピソード」と新旧表紙写真のポストカード2種類も完成品が届きました!

本自体とこれらの特典がセットになった「ラダックの風息[新装版]限定特典セット」は、3月29日(火)から5月29日(日)まで東京・三鷹で開催する写真展「風息の行方 ラダック ザンスカール スピティ」の会場と、4月16日(土)午後に東京・御徒町のモンベル御徒町店で開催するトークイベント「ブータンとラダックにいったい何があるというんですか?」で購入することができます。また、NPO法人ジュレーラダックのサイトから通信販売でも購入可能です。
Read more