ラマユル ユル・カブギェ

ラマユル ユル・カブギェ

6月12日と13日、下ラダック(シャム)のラマユル・ゴンパで、ユル・カブギェという祭りを見ました。この2日間はチャム(仮面舞踊)が行われるので、周辺から大勢の人々が祭りを見にやってきます。

写真は早朝のラマユル・ゴンパとラマユル村。いよいよこれから祭りが始まります。

今回登場した数ある仮面の中でも、常に先陣を切ってひときわ目立っていたのが、この大きな仮面。友人のタシ君によると、チェンチュウ・ユルガという、チベットに由来のあるラマユル独特の仮面だそうです。

チャムは基本的に、一人または数人がゴンパの広場に現れて、ひとしきり一緒に舞った後、一人あるいは数人ずつ順番に舞いながら退場していって、一区切りつくという進め方になります。退場前のソロパートが、踊り手の僧侶のウデの見せどころ。

踊り方の基本は、ターンと片足ジャンプ。みんな華麗にクルクル回ります。仮面の種類によっては、こんなコミカルな振り付けもあったりして面白いです。

踊り手はさまざまな形の法具や武器を手にして踊ります。何気に剣や斧をブンブン振り回しているので、隣の踊り手に当たって怪我したりしないかとヒヤヒヤしますが‥‥。みんな僧服の上に細かくきらびやかな刺繍が施された衣装をまとっていて、日が当たるとキラキラ輝き、とても綺麗でした。

時々、トゥンと呼ばれる長いホルンなどを携えた楽団が入場して、高らかに吹き鳴らします。トゥンはあまりにも長すぎて、一人では持てません。

30人近い数の仮面をつけた僧侶たちが、一斉に踊る時もありました。ここまで数が多いと、どれが何の仮面なのか、もはやついていけません‥‥。まさに圧巻。

2日目の朝、仮面をつけていない僧侶たちが、儀式のための結界を張りました。広場の中央に、トルマ(バター彫刻)とダオ(ツァンパで作った人形)が運び込まれます。

ひとしきり仮面の僧侶たちによる舞いが行われたあと、いよいよ祭りのクライマックス、ダオの破壊です。悪鬼が取り付いたダオをバラバラにして、宙に撒きます。この儀式の時は、外国人観光客よりも地元の人々が大勢集まってきて、じっと周囲で見守っていました。

おまけ。祭りに連れてこられていた、花の民ドクパの子供。観客席で大人気。このかわいさは反則です。

ラダックでチャムを見たのは初めてだったのですが、じっと見ているといろいろ気づかされることがあって、とても面白かったです。次に見に行く予定のへミス・ツェチュがますます楽しみになってきました。

下ラダック(シャム)カテゴリの最新記事