Essay

1/13ページ

『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』発売から一年

2020年4月28日に『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』を発売してから、一年が経ちました。 去年の今頃は、初めて発出された緊急事態宣言の真っ只中で、僕の本も、もともと発売日に予定していた4月25日には物流の遅れの影響で配本が間に合わず、3日遅れの28日にようやく発売することができました。とはいえ、全国の主要都市の大型書店は軒並み休業中で、アマゾンや楽天も生活物資の配送を優先して本の販売はずっと […]

「主観」と「客観」の交わるところ

4月17日(土)に下北沢の本屋B&Bで開催した、写真家の竹沢うるまさんと僕のトークイベント「空と山々が出会う地で、祈りの在処を探して」。コロナ禍によるまん延防止等重点措置に対応するため、直前になって開始時間を1時間早めるなど、慌ただしい中での開催となりましたが、おかげさまで、会場にご来場いただいた方々のほか、配信やアーカイブ視聴を通じて、本当に大勢の方々にご参加いただき、盛況のうちに終え […]

それでも僕は、荒地で石ころを積む

去年の春、このブログで、こんな文章を書きました。 荒地で一人、石ころを積む ラダックという土地で僕が今までやってきたのは、誰もいない荒地で一人、石ころを淡々と積んでいたようなもので、でもその石ころの山も、今はそれなりに大きな山になっているのかも、という文章でした。積み上げたその山も、災害とか、戦争とか、どうにもならない事情によって突き崩されることもあるかもしれないけれど、とも書いていました。 これ […]

必要なのは「自信」ではなく「覚悟」

上の写真は、ザンスカール、バルダン・ゴンパの本堂内にある、曼荼羅の壁画。 去年の7月に実施した取材ツアーから始まった、6人の写真家によるラダック写真集「LADAKH LADAKH」のプロジェクト。本の発売、東京と大阪でのトークイベント、そして吉祥寺での合同写真展が終了し、プロジェクトとしては一区切りついた形となりました。トークイベントや写真展に足を運んでくださった方々、本を購入してくださった方々、 […]

「腑に落ちる写真」をめざして

2018年の最初の旅の目的地は、ラオスでした。バンコク経由で古都ルアンパバーンに入り、そこからさらに北へ。中国との国境にほど近い町、ムアン・シンを拠点に、本当に国境スレスレの山中に点在する、アカ族やヤオ族といった少数民族の人々が暮らしている村々をトレッキングで訪ねて回るという旅をしてきました。 雨季にはドロドロにぬかるむ未舗装の道がやっと通じているかどうかというそれらの村々では、僕のような外国人は […]

名もなき湖

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 上の写真は、スピティ西部の高地にある湖、チャンドラタール。……の近くにある、たぶん正式な名前もない、ごく小さな湖です。去年の夏、ツアー参加者の方々をガイドしてチャンドラタールを訪れた時にこの湖の近くを通りがかったのですが、日没間際のほんのいくばくかの間、名もなき湖は、心の奥にすうっと沁みるような姿を見せてくれました。 僕という人間自身、 […]

1 13