Days in Ladakh

ヘミス・ツェチュ再び

6月21日、22日は、ラダック最大の僧院、ヘミス・ゴンパでツェチュの祭りが開催されました。例年は大勢の外国人観光客が見物に来ることで知られているこの祭りですが、今年は座主のドゥクチェン・リンポチェがおいでになるということで、ものすごい数のラダック人が祭りの会場であるゴンパに押し寄せました。

ドゥクチェン・リンポチェは、ドゥクパ・カギュの管長で、ダージリンにあるサンガ・チューリン・ゴンパの座主でもあります。信心深いラダックの人々は、彼の顔を見るだけで無上の喜びを感じているのかもしれません。

祭りのハイライト、グル・リンポチェとその八変化が登場します。…ちょっと歩きにくそうですね(笑)。

どこかで見た顔だなあと思ったら、三年前にこのヘミスで写真を撮らせてもらった少年僧でした。大きくなったなあ。彼の写真は「ラダックの風息」にも収録されています。

グル・ツェンギェの舞いが続きます。今回は境内をあちこち動き回っていたので、あまりいいポジションで写真が撮れていません。すみません。

こんな仮面の僧侶もいたんですね…。見逃していました。口のところから笛をくわえて吹いています。

祭り以外で、普段のヘミス・ゴンパでも見られる見所をご紹介。これは、ラカン・ニンパという古いお堂にある壁画です。たおやかな描線が美しく、部分的に金箔が使われているようです。

グル・パドマサンバヴァ・ラカンにある巨大なグル・リンポチェ像。思わず「でかっ!」と声が出てしまいます。比較的新しいもののようですが、すごい迫力です。

「観光化されすぎている」「商業主義だ」と揶揄する人も少なからずいるヘミス・ツェチュですが、今年はドゥクチェン・リンポチェがおいでになったこともあって、地元のラダック人のための祭りという色彩が強いものとなりました。こうした祭りというものは、部外者である僕などではなく、僧侶たちと地元の人々のためのものなのだと強く感じました。

8 thoughts on “ヘミス・ツェチュ再び

  1. Sachi

    やまたかさん、こんにちは。
    素敵なお祭りの公開写真ありがとうございます。あの人混みの中、リンポチェ様がしっかり激写されてて感激です。裸眼ではこんなアップで見えません。
    ところで、ディチェンさんの頭痛は治りましたか?お世話になったお礼が言えなかったのが残念です。また遊びに行くので宜しくとお伝えいただけますか?
    いい本に出会い、思い立ってラダックを旅して本当によかったです。やまたかさん、改めて本当にありがとうございました。

  2. yama_taka

    >Sachiさん
    コメントありがとうございます。無事に日本に戻られたようで何よりです。
    デチェンはすっかり元気になりましたよ。昨夜はマリアさんたちを交えて、みんなでワイワイとごはんを食べました。「サチがまた来年ラダックに来ると言ってたよ」と伝えておきますね。
    これからも大切な思い出がひとつずつ増えていくといいですね。

  3. Sachi

    ディチェンさんがよくなっててよかったです。
    実はあともうひとつ心残りがあって、山本さんと写真と握手したかったです。出発の朝は腹痛ですっかり忘れてました。やまたかさんが帰国して落ち着かれたらみなさんで高田馬場で集合したいです。
    それでは今後も素敵なお話、お写真の公開を期待してます。
    お体にはくれぐれも気をつけて。
    ひとみちゃんや皆様にもよろしく。

  4. yama_taka

    >Sachiさん
    デチェンから伝言です。
    「あたしが、いっぱい、いーっぱいジュレーと言っていたって、サチに伝えておいておくれ!」
    また来年、彼らに会えるといいですね。

  5. 和三坊主

    やまたかさん はじめまして
    私、旅行会社のツアーに参加して、このへミスの
    お祭りを2階のVIP席から見ていました。
    日本人が8名ほど陣取っていましたでしょう。
    カメラを持った日本人らしき人がいるなあ、と
    思っていたのですが、あれがやまたかさんで
    しょうか?かなり日に焼けておられましたね。
    実は、パキスタンに行く予定だったのですが、
    土砂崩れで道が寸断され、ツアーが中止に
    なり、急遽行き先を変更して何の知識もない
    ままラダックに行ったんですよ。
    こんなに素晴らしいところに思いもかけず
    行くことができ、本当によかったと今では
    思っています。

  6. yama_taka

    >和三坊主さん
    はじめまして。その「カメラを持っていて日に焼けた人」というのは、僕ではないです。僕はラダックに到着したばかりでまだそんなに日に焼けてませんし、ラダック人と一緒に後ろの方にいて、のんびり望遠レンズで撮影していましたから。
    パキスタン北部は今、大変な状況ですよね。早く状況がよくなってくれるといいのですが…。

  7. lee

    やまたかさん、はじめまして、こんにちは。
    私も今回旅行会社のツアーでこのお祭りを見る事ができました。
    このツアーで知り合った方にやまたかさんの本「ラダックの風息」を
    教えてもらい、今読んでいる所です。
    ツアー参加者の方は結構ご存知だったのに私は未読で・・・
    読んでから行けばまた違った感想をもてたかと思うと、ちょっぴり
    残念な気もしますが・・・
    (私もやまたかさんと同郷なのに知りませんでした、スミマセン!)
    和三坊主さんとは多分同じツアーだったのではないかと思います。
    私も2階の席からお祭りを見学しました。
    すごい人がいっぱいで正直ビックリしました。
    残念だったのは欧米人のマナーの悪さです。
    地元の方のお祭りに「お邪魔」させてもらってるのだから、きちんと
    マナーは守りたいですよね。
    もちろん、ちゃんと出来てる人の方が大多数だとは思いますが。
    これからも更新楽しみにしています!

  8. yama_taka

    >leeさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。本を読んでくださる前に行かれたのなら、ご自身の感覚でラダックに触れることができたわけですから、それはいいことなのではないかと思いますよ。お気になさらず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です