ヌブラの果て、トゥルトゥクへ

ヌブラの果て、トゥルトゥクへ

7月22日から24日にかけて、ラダック北部に位置するヌブラの取材に行っていました。今回の最大の目的は、去年から外国人の入域が許可されたばかりの村、トゥルトゥクを訪ねることです。

フンダルの先の橋を渡り、どこまでもついてくるシャヨク川沿いの道を、北西に向かって進みます。進むにつれ、両岸にそびえる山々がぐんぐんと迫ってくるのは、なかなかの迫力。途中には、スクル、ボグダン、チャルンカといった村々と、数カ所のチェックポストがあります。

フンダルから車で約三時間、80キロほどの道程を走ると、トゥルトゥクの村に着きました。澄んだ渓流を挟む形で広がっている、緑豊かな村です。この村から10キロほど西に行けば、そこはもうパキスタン。トゥルトゥクの村人たちはみんなイスラム教徒で、顔立ちもパキスタン北部のバルティスタンの人々に近く、バルティ語とラダック語の両方を話します。

村の至るところに、収穫したばかりの黄金色の麦の束が干してありました。下ラダックの村々と同じように、鎌を使わず根元から引っこ抜いてありましたね。

水流に沿って、村の中を散歩。収穫期を迎えたアンズの木々が、ひんやりと涼しい木陰を作り出していました。本当にきれいな村です。

背後から突然、びっくりするほど美しい少女が現れ、僕たちの脇を通り過ぎていきました。少女は道端に坐っていた老婆と二言三言話をした後、すぐ先の家の中にすっと消えました。あー、思い切って声をかけて、写真を撮らせてもらえばよかった。それくらいきれいな少女でした。

水汲みの途中で僕を見つけ、「写真を撮って!」と寄ってきてくれた女の子。この子も将来は美人になりそうですね〜。

「あんたはどこから来たんだ? 日本? わしゃあ、トゥルトゥクじゃ!」と言って、ニカッと笑っていた老人。かっこいいですねえ。

トゥルトゥクの村には、建築中のゲストハウスやテントホテルがあるほか、旅行者のホームステイを受け入れている家が何軒かあります。次にトゥルトゥクに来るとしたら、ゆっくり二、三泊したいと思えるくらい、のどかで美しい村でした。

ヌブラカテゴリの最新記事