Days in Ladakh

ラダック東部でのインド軍と中国軍の衝突について

コロナ禍で難しい状況に置かれているラダックに、また一つ新たな問題が生じました。2020年6月16日、ラダック北東部の暫定国境付近で、インド軍と中国軍の衝突が発生。銃火器の使用を伴わない、殴り合いや投石が主体の争いだったそうですが、にもかかわらず、両軍にそれぞれ数十名程度の死傷者が出たとのことです。

衝突が起こったのは、ヌブラから山を越えて東の方面に位置する、ガルワンと呼ばれる地域。ここに限らず、暫定国境付近では、双方の軍による越境しての示威活動が年中行われていて、ちょっとした諍いは日常茶飯事なのですが、今回の衝突のように、発砲を伴わなかったとはいえ、双方に多数の死傷者が出るまでにエスカレートする事態は非常に珍しいです。

現地のインド軍と中国軍との間では、両軍の将校による会談がつい先日も行われていて(上の写真は、そうした会談がよく行われる、ゼロ・ポイントと呼ばれる場所です)、暫定国境付近で睨み合っている両軍の部隊を、それぞれ段階的に撤退させていこうという合意に達したばかりだったと聞いています。その矢先に今回のような衝突が起こってしまったので、事態の沈静化には、しばらく時間がかかりそうです。

砲撃や爆撃を伴うような軍事行動に両軍が踏み切る可能性は依然としてかなり低いと思われますが、それでも通常よりははるかに予断を許さない状況だとも思います。今後、ラダック東部を移動する際には、以前より厳しいチェックや制限が課せられるようになるかもしれません(そもそもコロナ禍でしばらくは行き来自体できませんが)。今後の状況の推移を注視していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です