Days in Ladakh

「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅」ギャラリートーク出演のお知らせ


© Keiko Schmeisser

ひさしぶりの投稿です。ラダックとアラスカでの滞在を終え、先週末、東京に戻ってきました。おかげさまで体調は問題なく、元気です。しかしまあ、今年の日本の夏は、尋常じゃない暑さですね……なかなか身体の調整が追いつきません(苦笑)。

さて、イベント出演のお知らせです。9月中旬から約2カ月間、町田市立国際版画美術館で「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅」という展覧会が開催されるのですが、その会期中の9月29日(土)14時から会場内で開催される特別ギャラリートーク「シュマイサーが訪ねた地」に、僕が登壇させていただくことになりました。

ヨルク・シュマイサーさんはドイツ生まれで、オーストラリアを拠点に活動していた版画家です。2012年に逝去されるまで世界各地を旅しながら精力的な創作活動を続け、「旅する版画家」とも呼ばれていました。欧米、日本、アジア、中東、さらには南極まで旅をして、その記憶を数多くの作品に刻みつけています。

シュマイサーさんはラダックやザンスカールも1984年頃に約6週間をかけて旅していて、印象的な作品の数々を制作しています。今回、僕が出演させていただくギャラリートークでは、ラダックとザンスカールを題材にしたそれらの作品について、僕の知っている範囲で現地の様子をお話しできればと思っています。

とにかく、どの作品も本当に緻密に、繊細に描かれていて、魅力的なんですよね〜。僕の出演するギャラリートークには予定が合わないという方も、会期中にぜひ足を運んでみていただけると嬉しいです。

———

ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅

会期:2018年9月15日(土)~11月18日(日)(月曜休館。ただし9月17日(月)、24日(月)、10月8日は開館し、9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)に休館)
開館時間:平日10時~17時(入場は16時半まで)、土日祝10時~17時半(入場は17時まで)
観覧料:一般800(600)円、大・高生、65歳以上400(300)円、中学生以下無料
※9月15日(展覧会初日)と11月3日(文化の日)は入場無料。
※( )内は20名以上の団体料金。
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額。
会場:町田市立国際版画美術館 企画展示室1、2
東京都町田市原町田4-28-1(アクセス情報
主催:町田市立国際版画美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
助成:オーストラリア政府、豪日交流基金、オーストラリアnowスポンサー
協力:日本航空、国立極地研究所
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

One thought on “「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅」ギャラリートーク出演のお知らせ

  1. saw

    標高高い系フェスに参加して、7月にラダックへ行ってきました。
    欲張ってあちこち回りすぎて、どこ見てきたのか既に混乱してますが
    観てきた景色の絵とギャラリートーク楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です