Days in Ladakh

松尾 純 写真展「クゼゥゲ・クシュ」ギャラリートーク出演のお知らせ

昨日(6月8日)は、下北沢の本屋B&Bで、エッセイストのたかのてるこさんとのトークイベントでした。チケットは追加分まで含めて予約で完売し、約100人もの方々にお越しいただきました。カウンターに座りながらマシンガントークをくりひろげるたかのさんとの台本なしのやりとりは、いつもと全然違う緊張感で、まるでロデオでもやってるみたいな気分でしたが(笑)、お相手には僕は役不足ながら、お客さんたちにはお楽しみいただけたようだったので、何よりでした。ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。

さて、今月末、もう一度、人前で話をさせていただく機会があるので、そのお知らせをば。

以前「撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち」にも写真と文章を寄稿していただいた広島在住の写真家、松尾純さんの新作写真展「クゼゥゲ・クシュ」が、銀座と大阪のニコンサロンで開催されます。銀座ニコンサロンでは2018年6月20(水)から26日(火)まで、大阪ニコンサロンでは7月19日(木)から25日(水)までです(いずれも日曜は休館なのでご注意を)。

今回の写真展は、モンゴル西部でイヌワシを使って狩りをする鷹匠の一族を追ったドキュメンタリー。クゼゥゲ・クシュとは、遊牧民が家畜たちとともに次の牧草地を目指す年4回の大移動のうち、「春の移動」を意味する言葉なのだそうです。モンゴルの雄大な風景と、そこで暮らす人々の逞しさと優しさを松尾さんがどんな風に捉えているのか、僕も会場で展示を拝見するのがとても楽しみです。

銀座での展示期間中、6月23日(土)14時から松尾さんご自身が作品について話をするギャラリートークが開催されるのですが、そのトークの司会を、ふつつかながら僕が担当させていただきます。予約不要、参加費無料だそうです。松尾さんのお話を東京で直接聞ける機会はなかなかないと思うので、ぜひご来場ください。お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です