Days in Ladakh

「ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]」

ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]
文・写真:山本高樹
価格:本体1750円+税
発行:ダイヤモンド・ビッグ社
A5変型判152ページ
(カラー144ページ、折込地図付)
ISBN 978-4478821732
配本:2018年3月下旬

インド北部のチベット文化圏、ラダックやザンスカールの一帯を旅するためのガイドブックとして、2012年5月に刊行した拙著「ラダック ザンスカール トラベルガイド インドの中の小さなチベット」。発売以来、おかげさまで多くの旅行者の方々に活用していただいてきたのですが、その一方で、ここ数年で急激に変化した現地の旅行事情と掲載情報とのギャップも目立つようになっていました。そこで今回、現地取材で得た最新情報を基に内容を全面的にアップデートし、さらにヒマーチャル・プラデーシュ州にあるもう一つのチベット文化圏、スピティの情報も追加したラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]を刊行することにしました。

主な変更点としては、全体のページ数を増やすとともに構成を見直し、スピティに関する情報を約14ページ追加。前作以上にみっちみちに情報を詰め込んだ仕上がりになりました。激変した現地の状況を綿密に取材・分析し、現地の協力者の方々から得た情報と併せて、可能なかぎり最新のデータに基づいた改訂を施しています。ニーズがあるかどうかわかりませんが、ラダックとインド映画にまつわるコラムも個人的趣味でいくつか追加しました(笑)。

掲載写真もすべて見直しをかけ、宿や店舗の外観写真を除いても、約120点の写真を新しく選び直しています。正直、そこまで差し替えなくてもよかったのですが、まあ、個人的な意地です(笑)。なので、ガイドブックとしてはもちろん、ビジュアルブックとしても十二分に楽しめる内容になっていると思います。

このラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]が書店に並びはじめるのは、春分の日の後、3月22日(木)頃から。アマゾン楽天ブックスなどのネット書店ではすでに予約受付が始まっています。ちなみに、3月下旬から都内を中心に開催する予定のいくつかのトークイベント会場と、一部の書店での店頭販売分には、本には未掲載のレーの街の情報を詰め込んだ数量限定の小冊子とポストカードを同梱させていただく予定です。この特典をつける形での通販の予定は今のところないようなので(すみません)、「小冊子欲しい!」という方は、イベント会場や書店に足を運んでいただけるとうれしいです。小冊子を入手できるイベントや書店の情報は、また追ってこのブログでお知らせします。

2年前に刊行した「ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]」と同じくらい、僕にとっても大切な存在のこの本を、6年の時を経て生まれ変わらせることができて、本当にうれしく思っています。この本が、これから彼の地へと旅する方々の道標になりますように。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です