Days in Ladakh

ラダック各地へのアクセスガイド:下ラダック編

前回に引き続き、ラダックで各地を訪ねて回る際のアクセスガイドを書いてみようと思います。地図はこちらのページをご覧ください。

レーよりも西側、インダス川の下流域のことを下ラダックと呼びます。川沿いにはカルギルやスリナガルへと続く街道があり、ゴンパを擁する大小の村が点在しています。

上ラダックに比べると、下ラダックの交通の便はあまりよくありません。バスの本数が少ない上に、レーを午後に発って翌朝に引き返してくるという便も多いため、バスによる遠くの村への日帰り観光は難しい場合もあります。レーを朝5時頃に出発するカルギル行きのバスと、朝9時頃に出発するダー・ハヌー方面行きのバスを軸に、1〜2泊くらいで回るようにすると、無理のないスケジュールが組めると思います。

・スピトク
レーの空港近くにある、スピトク・ゴンパがある村。レーからは朝から夕方まで、30分おきくらいにバスが走っています。ゴンパの北側でバスを降りて、拝観後は南側に広がる村に出て散歩してみるといいでしょう。

・ピャン
レーからバスで40分ほど行ったところにある、谷間に広がる大きな村。ピャン・ゴンパの他、古くて美しい壁画があるグル・ラカンがあります。レーからは朝から昼過ぎにかけて2、3本のバスが出ていて、夕方までに引き返してきます。街道からはかなり距離があるため、西方面行きのバスを途中下車するのは大変かもしれません。

・ニンム
レーからバスで1時間半ほど行ったところにある、街道沿いの村。食堂や商店が集まっている一角があり、西に向かうバスのほとんどは、ここで休憩を取ります。

・バスゴ
ニンムから少し西に進んだところにある村。村の中心にそびえる岩山の上に、昔の城跡とゴンパがあります。レーからは朝のカルギル行きかダー・ハヌー行きなどのバスに乗り、街道で途中下車。午後の早い時間に西から来るレー行きのバスを捕まえれば、日帰り観光もできます。

・リキル
リキル・ゴンパを擁する村。街道からは離れているので、カルギル方面行きのバスを途中下車するのは大変かもしれません。レーからの直通バスは午後に1本あり、翌朝レーに引き返します。

・サスポル
レーからバスで2、3時間ほど行ったところにある、街道沿いの大きな村。洞窟に壁画が描かれたダクプクがあります。レーからは朝のカルギル行きかダー・ハヌー行きのバスに乗り、街道で途中下車。午後の早い時間に西から来るレー行きのバスを捕まえれば、日帰りでレーに戻れなくもないですが、ちょっとバタバタした感じになるかもしれません。

・アルチ
サスポルの少し先にある、古い壁画で有名なアルチ・チョスコル・ゴンパのある村。レーからの直通バスは朝と午後に1本ずつあり、アルチからも朝と午後にレーに戻るバスがあります。その他の西方面行きバスでも、アルチへの分岐点にある橋のたもとで途中下車すれば、平坦なので歩けなくはない距離です。ゲストハウスがたくさんあるので、夏場なら宿泊も可能です。

・リゾン
リゾン・ゴンパは街道から5キロほど離れた山奥にあり、周辺に村はありません。西方面行きバスをウレ・トクポという村で途中下車して1、2時間ほど歩くか、ジープをチャーターして行くことになります。少人数であれば、ゴンパの宿坊に泊めてもらえます。

・マンギュ
アルチと同系列の壁画が残るマンギュ・ゴンパがある村。レーからは週に1本直通のバスが走っています。西に向かうバスをウレ・トクポで途中下車して、川を渡って南に向かえば歩けなくはないですが、上り坂なのでかなり大変です。逆に街道まで歩いて下るのは比較的楽です。

・ティンモスガン
ヌルラという村から街道をそれて北に5キロほど行ったところにある大きな村。サカダワの時はここのゴンパに大勢の人々が参拝します。レーからの直通のバスは昼に1本程度あります。

・カルツェ
ニンムと同じように、食堂や商店が集まっている村。ほとんどのバスがここで休憩を取ります。ダー・ハヌー方面に向かうバスは、この村の先にあるチェックポストから街道を外れ、インダス川沿いを北西に向かいます。

・ラマユル
ラマユル・ゴンパを擁する村。ゲストハウスもいくつかあります。レーからは朝5時頃にカルギル行きのバスに乗れば、お昼ちょっと前くらいに到着します。カルギルからレーに向かうバスは朝の9〜10時頃にレーを通りがかることが多いので、その時間に道端で待って捕まえれば、夕方にはレーに戻ることができます。

・ワンラ
ラマユルの手前で街道を外れて南に向かったところにある村。村の中心の岩山には、砦の跡とゴンパがあります。レーからは週に1、2本ほど直通のバスがあります。ラマユルから2時間半ほどのトレッキングルートもあります。

・フォトクサル
2011年夏の時点で、ワンラ、ハヌパタからさらに先にあるフォトクサルの村までジープロードが開通しました。かなりの悪路ですが、ジープであれば行くことが可能です。バスが走っているという情報はまだありませんが、そのうち走るようになると思われます。ジープでも日帰りはきつい距離なので、村で1、2泊したり、そのままザンスカールへトレッキングに行くといった形がいいでしょう。

下ラダック方面はレーからかなり距離があるため、ジープをチャーターするとかなり高くついてしまいます。たとえば、バスだけを使ってラマユルとアルチを見て回るのであれば、こんな感じの日程が考えられます。

1日目:朝5時のカルギル行きバスに乗り、昼になる前にラマユルに到着。宿を確保してから、ゴンパを拝観。
2日目:朝9〜10時頃にカルギルから来たバスを捕まえ、街道を東に向かい、お昼過ぎにアルチへの分岐点にある橋のたもとで途中下車。歩いてアルチに向かい、宿を確保した後、ゴンパを拝観。
3日目:朝7時頃に出発するミニバスに乗って、午前中のうちにレーまで戻る。

たくさんのゴンパを拝観しようとすると、ジープをチャーターせざるを得ないかもしれませんが、日程に余裕があるなら、バスターミナルで最新の情報を収集して、自分に合った日程を考えてみるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です