Days in Ladakh

2018年はインナー・ライン・パーミットにご注意を!

レーの現地旅行会社、ヒドゥンヒマラヤのサチさんからの情報なのですが、2018年のラダックでは、インナー・ライン・パーミット(ILP)が必要な地域へ旅行する際、ちょっと注意が必要になりそうです。

少し前に、ある現地旅行会社がILPの発給対象外の国籍の旅行者のために、申請時にパスポートをごまかす形でILPを取得させていたことが発覚しました(迷惑な話ですね)。それ以来、ILPの申請手続きや各チェックポストでの検査が、かなり厳しくなってしまったのだそうです。

ILPは基本的に、外国人2名以上のパスポートが申請時に必要ですが、実際に旅行してチェックポストを通過する時には、外国人1名でも何か言われることはこれまでほとんどありませんでした。しかし現在は、ローカルバスやシェアタクシー、レンタバイクなどを使って、1名だけでILPの必要な地域に行こうとすると、チェックポストで追い返される場合もあるそうです。

どのチェックポストでも1名だと常に追い返されるというわけではなく、たとえばダー・ハヌー方面に行く際に通るカルツェのチェックポストは、ローカルバスで1名で通過しても、今のところ特に問題ないそうです。ただ、ヌブラ方面のカルドゥン・ラ、パンゴン・ツォ方面のタンツェ、ツォ・モリリ方面のマヘやコルゾクなどでは、かなり厳しくチェックされることが予想されます。

なので、今年ラダックのILPが必要な地域を一人旅で回ろうと考えている方は、ヒドゥンヒマラヤなど信頼のおける旅行会社でILPを取得して、専用車を手配してもらうか、レンタバイクなどで回る場合も一緒に随伴してくれる現地ガイドを手配してもらった方がよさそうです。

あと、これは以前からの注意点ですが、公用パスポートの人や、インドビザがジャーナリストビザ(取材目的でなく個人的な観光目的で、という体裁のジャーナリストビザも同様)の人に対しても、現時点ではILPは発給されないので、該当する方はご注意ください。

インドでパスポートやILPやビザでもめると、後々まで大変めんどくさいことになるので、くれぐれも「ま、いっか。いちかばちかで、行ってみよ」などと思わず、可能なかぎりリスクを回避するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です