Days in Ladakh

ティモ

そういえば、まだこれを紹介してなかったな‥‥と思ってたら、昨夜デチェンさんがタイムリーに作ってくれたので、写真とともにご紹介します。

これはティモと呼ばれる料理で、小麦粉を練ってクロワッサンそっくりな形にして蒸し上げた蒸しパンです。野菜などを煮込んだものと一緒にいただきます。これが素朴なことこの上ない味で、なかなかいけるのです。

察しのいい方はお分かりかと思いますが、トゥクパにしてもモモにしてもスキウにしても、ラダックで食べられている伝統的な料理はだいたい原材料が同じです。苛酷な環境の中で手に入る限られた食材を、さまざまな形に調理して楽しむ工夫がこらされているのがよくわかります。

ちなみに写真の後方にぼんやり赤く見えているのは、トマト、ニンジン、ネギ、コリアンダーにぱらっと塩をかけただけのサラダ。何の手も加えてないのにものすごくうまいです。トマト以外は宿の庭の菜園で穫れた野菜なのですが、やっぱり材料がいいと味も違いますね。

3 thoughts on “ティモ

  1. あき(シライ)

    スキュウ、昨日食べました(笑)
    限られた材料で形や味を変え、食事をよりよく楽しもうとしているんでるね。
    私は一昨日の夜から体調を崩し、今日ようやくバザールに出てきました。トレッキングの件、気になっていたのですが、ミクシィにコメントはまだありません。やはり日本人の仲間を探すのは難しいのでしょうか。体調が完全に戻ったら、1人でもトレッキングに行こうと思います。
    ヤマタカさんのレー滞在も残りわずかですね。また、どこがでばったり会えたらお茶しましょう。

  2. yama_taka

    >あき(シライ)さん
    体調、大丈夫ですか? 時間に余裕があるなら、万全にしてからトレッキングに行った方がいいですよ。さもないと楽しめるものも楽しめませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です