「ラダック」の検索結果 437件

1/73ページ

稲葉香×山本高樹「ドルポとラダック 私たちはなぜヒマラヤの辺境に惹かれるのか」

今年6月に上梓した『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』の刊行記念トークイベントを開催させていただくことになりました。今回のトークのお相手は、西ネパールのドルポ地方での冬季滞在によって2020年植村直己冒険賞を受賞した、登山家・写真家・美容師の稲葉香さん。稲葉さん自身も今年10月に新刊『西ネパール・ヒマラヤ最奥の地を歩く ムスタン、ドルポ、フムラへの旅』を上梓されるので、僕の本とのW刊 […]

セルガルの槌音(『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』試し読み)

『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』に収録されているエピソードの中から、「瑠璃の湖のほとりで」の他にもう一編、こちらで試し読みしていただけるようにしました。遠い昔にネパールからラダックに来た仏師の末裔、鍛治職人セルガルたちの暮らす村、チリンでのエピソードです。よかったらご一読ください。

瑠璃の湖のほとりで(『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』試し読み)

現在発売中の『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』に収録されているエピソードの中から、一編をこちらに転載して、試し読みしていただけるようにしてみました。ラダックの東部、標高四千メートルを超える高地にある湖、パンゴン・ツォを訪ねた時のエピソードです。よかったらぜひご一読ください。

『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』完成しました!

6月中旬発売予定の新刊『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』。完成した見本誌が、僕の手元に届きました。どんな感じの本に仕上がったのか、実物の写真を交えてご紹介します。 この本の装丁を担当してくださったのは、マツダオフィスの松田行正さんと杉本聖士さん。松田さんはデザインについて少し詳しい方なら知らない人はいないというくらい、著名で経験豊富なアートディレクターの方です。今回、お仕事をご一緒 […]

『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』

『インドの奥のヒマラヤへ ラダックを旅した十年間』 文・写真:山本高樹 価格:本体1300円+税 発行:産業編集センター B6変型判344ページ(カラー16ページ) ISBN978-4-8631-1302-2 配本:2021年6月中旬 新刊のお知らせです。2020年の夏頃からずっと作り続けていた本の情報を、ようやくお披露目できることになりました。 インド最北部、ヒマラヤの西外れにひっそりと残るチベ […]

『ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]』販売継続決定!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。コロナ禍でいまだに油断ならない昨今ですが、今年もよろしくお願いします。 さて、年明け早々ですが、お知らせです。昨年末までで出荷が停止される予定だった拙著ガイドブック『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』が、2021年以降も継続して販売されることになりました! 昨年11月に発表された「地球の歩き方」の事業譲渡とダ […]

1 73