Days in Ladakh

「会う」ことの価値

7月3日(金)〜5日(日)の3日間、代々木上原のhako galleryで開催されたイベント「地球の歩き方インド・公開打ち上げ」。会期中は、本当にたくさんの方々にお越しいただいて、でもみなさまのご協力のおかげでさほど「密」な状態になることもなく、なごやかな雰囲気のうちに終えることができました。

僕は主に、会場2階の書籍販売ブースにいたのですが、新刊の『冬の旅 ザンスカール、最果ての谷へ』をはじめ、本が予想以上にたくさん売れて、忙しくも嬉しい時間を過ごさせていただきました。撤収の時に箱にまとめた売れ残りの自分の本がほんのちょびっとで、手に持って楽々持ち帰れるほどだったので、とても助かりました(笑)。

今回はトークイベントのように一気に大勢のお客さんを集めるイベントではなく、期間を長めに取った飲食と物販中心のゆるいイベントでしたが、お越しいただいた方々の表情を拝見していると、マスク越しでもみなさんとても楽しそうにされているのが伝わってきて、それが個人的にはすごく印象に残りました。そして、自分が手塩にかけて作った本を、お買い上げいただいたお客さんに直接お渡しできるというのは、やっぱり、何物にも代え難い喜びでした。

昨今のコロナ禍の影響で、リアルな場でのイベントがやりにくい状況は今後もしばらく続くと思いますが、いつの日か、リモートではなく直接「会う」ことの価値が、再び見直される時が来ると僕は思っています。その時が来たら、また何か面白い企画を実現できるように、頑張ります。

イベントにお越しいただいたみなさま、ご協力いただいた関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です