Days in Ladakh

終わりよければ

上の写真は、今回の旅の初め頃に滞在した、オールド・マナリの上の方にあるヒンドゥー教寺院の境内にて。

昨日8月19日(月)の朝、インドから日本に帰国しました。もともとは17日(土)朝に戻ってくる予定だったのですが、16日(金)朝にレーからデリーに飛ぶはずの飛行機が、レーの悪天候のためにキャンセル。同じ日の夜に予約していた帰国便も二日後の便に変更せざるを得なくなり、そのため帰国が遅れたという次第です。

ラダックでフライトキャンセルを食らったのはかれこれ四回目にもなりますが(苦笑)、夏のこの時期に、しかも悪天候といっても小雨がぱらついてる程度の状況でフライトキャンセルに遭遇してしまったのは、初めての経験です。レーの空港のように周囲を高い山に囲まれている地形だと、雨雲が垂れ込めている視界不良の状況では、デリーから飛んでくる飛行機が着陸しにくいのでしょうね。まあ、安全第一ですから、致し方ないです。

僕が乗る予定だったジェットエアウェイズは、翌朝アディショナル・フライトを用意してくれたのでそれに乗ることができたのですが、ゴーエアは機材トラブルか何かでアディショナル・フライトを用意できず、しかもその連絡がレーで徹底されていなかったため、翌朝のゴーエアのレー空港オフィスは、早朝から空港まで来たのに乗れなくて憤慨する旅行者の方々でいっぱいで、大変な状況だったとか。

お盆の時期に重なっていたこともあって、帰国便に間に合わなくなった日本の人の中には、新たに航空券を買い直した人も多かったのではないかと思います。僕の帰国便はエアインディアだったのですが、同社のチケットはFIX設定ながら、有効期限内ならさほど高くない手数料で日程変更できる仕組みなので、事なきを得ました。まあ、エアインディアのレーオフィスはほぼ休業状態で役に立ちませんし、デリーの同社オフィスに電話してもすぐに切れてしまったり、非常に対応がお粗末だったりするので、結局、チケットを取った日本の旅行会社に国際電話をかけて、そちらから日程変更の手続きをしていただいたのですが。

そんなこんなで最後はちょっとばたばたしましたが、それでも今年の夏のラダック滞在は、たくさんの幸運に恵まれた、とてもいい旅ができたと思っています。終わりよければ、すべてよし、ですね。この経験を、できるだけいい形に昇華してみなさんにお届けできるように、これからがんばりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です