Days in Ladakh

プロフィール


山本高樹 Takaki Yamamoto

yamamoto著述家・編集者・写真家。岡山県岡山市出身、東京都武蔵野市在住。ラダックのオンポ(占星術師)の診断によると、前々世はルー(水の精霊)だった。前世は鹿だったが、6歳で死んでしまったらしい。

いくつかの出版社での勤務と海外放浪をくりかえした後、2001年からフリーランスでの活動を開始。2007年から約一年半の間、インド北部の山岳地帯、ラダック地方に長期滞在して取材を敢行。以来、ラダックでの取材をライフワークとしながら、世界各地を飛び回る日々を送っている。2015年からはラダックを中心とした地域で現地発着ツアーのガイドも務めている。添乗員資格(総合旅程管理主任者)保有。

主な著書に「ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]」「ラダック ザンスカール トラベルガイド インドの中の小さなチベット」、企画・編集担当として「撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち」など。

個人サイト:The Wind Knows My Name
E-mail : takaki.yamamoto@gmail.com


お仕事のご依頼について

当方では、書籍や雑誌記事の企画・取材・執筆・編集をはじめ、その他の印刷物やWeb媒体で使用する各種テキストの執筆などの業務を手がけています。お仕事のご依頼は、基本的にはなるべくお引き受けする方向で検討させていただきますが、条件面でこちらの想定と極端な乖離があった場合はご相談させていただく場合もあります。まずは条件面をご開示の上、お問い合わせください。

撮影のご依頼に関しては、当方のスキルや機材が旅行関係にある程度特化しているため、撮影内容によっては、より適任な別のフォトグラファーを推薦させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

また当方では、インド北部のラダック、ザンスカール、スピティで撮影した写真のストックを豊富に所有しています。これらの写真の使用をご希望の場合は、使用形態などの諸条件をご開示の上、お問い合わせください。その条件に対応した写真と掲載料を提示させていただきます。

写真のオリジナルプリントの販売は、通常業務としては行っていませんが、ご希望の方には個別に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

その他にも当方では、「旅」や「ラダック」などをテーマにしたトークイベントや講演への出演依頼も随時承っています。出演料や経費負担の有無などの条件面をご開示の上、お問い合わせください。