嫌なことは先に終わらせる

僕は基本的に、「嫌なことは先に終わらせたい」と思う性格だ。胸の中に「嫌だけどいつかはやらなきゃいけないこと」を抱えたまま、もやもやした気分で無駄に時間を過ごすよりは、嫌なことはさっさと片付けてしまって、なるべく早く穏やかな気分に戻りたい。昔から割とそうだった気がする。

というわけで、今日は朝イチから武蔵野税務署まで行って、確定申告を終わらせてきた。青色申告相談コーナーで決算書を清書して確認してもらって、最悪なインターフェイスのe-Tax端末でデータを入力し、書類一式を提出。はー、この季節で一番嫌なことが、ようやく片付いた。

帰りに寄り道して、ひさしぶりに文蔵でいただいた、ラーメンのうまかったこと。やれやれ。

あれやこれやと

午前中、越中島で大学案件の取材。ちょっとひさしぶりの取材だったが、面白い話を聞くことができた。終わった後、JRでひと駅乗って、八丁堀の出版社へ。今作っている本の再校を担当さんに戻し、あれやこれやと打ち合わせ。

八丁堀から歩いて東京駅方面に向かい、八重洲地下のエリックサウスでランチミールス。そこから丸ノ内線に乗って池袋へ。来月下旬から写真を展示させてもらえることになった、某大型書店の店内を視察。展示方法とか、地味にいろいろ確認しなければならないことがあったので。

その後は山手線と銀座線を乗り継いで、外苑前のオン・サンデーズへ。齋藤陽道さんの写真展「土耳古の光」を見る。黄色くてまろやかな光の眩しさ。透明で、ぱやんとした空気。ああ、トルコだ、あの国だ。と、かれこれ18年も前に訪れたきりの土地のことを思い出す。道端で買った焼き栗の味とか、ボスポラス海峡の潮の匂いとか。

外苑前から表参道まで歩き、ひさしぶりにブルーボトルコーヒーでひと休み。混んではいるが、週末に比べれば店内はそこそこ余裕がある。ベランダの立ち飲み席でコーヒーを飲んだ後、ついでに豆も補充。ジャイアント・ステップスというネーミングが気に入っているブレンド。コルトレーンかと。

とまあ、そんなこんなでたくさん歩き回り、家に帰ってからも各方面にたくさんメールを書き続け、さすがに疲れた。明日は早起きできたら、税務署に行ってこよう……。

戦は続く

昨日の夕方、近所のスーパーに食材の買い出しに行って、レジに並んでいると、前にいた若い女の子が、ラージサイズのガーナチョコレートを何枚か、何かのクリームのようなもの、クッキングシートみたいなものを、わさっ、と買っていた。そうか、彼女にとっては、これから戦か。バレンタインデー前日だものな。がんばれー、と内心思った。

……戦が続いているのは、むしろ自分である。

新しい本の編集作業、いよいよ佳境。ゲラを何度も見直すうちに、冷や汗の出るようなミスを見つけてしまったりするので、本当に心臓に悪い。目はショボショボするし、集中力は落ちてくるし。まあでも、ここから月末までが正念場だ。万事ぬかりなくやり遂げて、きっといい本にしてみせる。

サラダチキンか、鶏の唐揚げか

自炊に必要な食材を買いに近所のスーパーに行ったら、精肉売り場の横に、サラダチキンが山のように積まれていた。

サラダチキンは確か鶏の胸肉から皮を取り去ったものを固めた商品で、高タンパク低脂肪のダイエット&筋トレ向け食品として、最近はすごい人気らしい。中には、サラダチキンの袋を開けてそのまま直喰いするほどストイックな人もいるのだとか。

僕も前に一度、コンビニで買って、ほぐしたのをゆでブロッコリーと一緒にあえてサラダにしたような記憶があるけど、マヨネーズをがっつり使ってたから、低脂肪でも何でもない食べ方だった(笑)。

……ていうか、個人的には、そこまで脂肪やカロリーを目の敵にするような食生活は、まったくもって望んでいないのである。サラダチキンか、鶏の唐揚げか、どっちか選べと言われたら、何の迷いもなく唐揚げを選ぶ。だって、うまいんだもん、唐揚げの方が。カロリーなんて、後で身体をちょこっと動かしとけば、まったく何の問題もない。

人生の中でごはんを食べられる回数なんて、たかが知れている。だったら食おうよ、唐揚げを。じゅわっと油のしみた、アツアツのやつを。

しなやかに動けるように

一年ちょっと前から始めた、毎晩の身体を動かす習慣。何かと飽きっぽい僕にしては珍しく、いまだに地味に続けているのだが、最近はちょっと意識の置きどころを変えている。むやみに負荷や回数を上げていくのではなく、各関節の可動範囲を意識したやり方を取り入れるようにしたのだ。

こういうアプローチは、去年の暮れに買った「プリズナートレーニング」という本(表紙のイラストは結構ギョッとするが、内容は至極まじめ)を読んでから意識するようになった。たとえば、肘にしろ、膝にしろ、浅く曲げて伸ばす時の筋肉の使われ方と、めいっぱい深く曲げてから伸ばす時の筋肉の使われ方は、かなり違う。いろんな種類の動きに対応できるようにするには、深く曲げた状態からでも無理なく力を出せるようなエクササイズを、段階を踏んで積み重ねる必要がある。

たとえば、僕は数年前に撮影中に膝を傷めてしまって、痛みがなくなってからも、結構恐る恐る脚を動かしていた。スクワットをする時も、浅めの角度で回数も抑えめ、といった具合に。でも、去年の暮れ頃からは、机などに手をかけて脚にかかる負荷を分散させながら、脚をゆっくり、じんわりと、深い角度まで曲げる形のスクワットに取り組むようになった。すると、膝周りの心もとない感触が消えてきて、深く曲げ伸ばしする動かし方でも不安がなくなったのだ。一種のリハビリに近い効果があったのだろう。今はノーマルなハーフスクワットに移行していて、この後はフルスクワットも無理なくできるようになればと思う。

腕立て伏せの方でも、両手を肩幅くらいに置いてやるノーマルのやり方から、両手の人差し指が触れるくらい幅を狭めた状態で、肘を深く曲げ伸ばしするやり方を取り入れてみた。今まであまり使っていなかった腕の筋肉を動かせるようになった感覚がある。これも真面目に続けていけば、いつかは片手腕立て伏せとかもできるようになるかもしれないが、まあ、二、三年後くらいかな(苦笑)。

僕はアスリートでもボディビルダーでもないけれど、ええ年こいたおっさんになっても、自分の身体はそれなりに思い通りに、しなやかに動けるようにしておきたいとは思う。なので、今後も地味に、続けていく所存。