Days in Ladakh

2018年のラダック&ザンスカールツアー、日程発表!

「標高高い系フェス!」の会場でも紹介しましたが、2018年の夏も、ラダックでツアーガイドを務めさせていただくことになりました。今年の夏のツアーは、ザンスカールを訪れるプランと、上ラダックと下ラダックとツォ・モリリをめぐるプランの2種類。いずれも、日本の旅行会社GNHトラベル&サービスとラダックの現地旅行会社ヒドゥンヒマラヤとの共同開催によるツアーです。

山本高樹同行 ザンスカールの旅 プクタル僧院訪問とサニのお祭り見学 9日間

ザンスカールのツアーは昨年も開催して、おかげさまで好評だったのですが、今年はさらに改善を加え、より盤石な形でご案内できるようにしました。ツアー全体の日程を1日増やし、ザンスカールに向かう往路の途中、アティンという村でのホームステイを追加。そこからほど近い古刹ゾンクル・ゴンパも訪問します。昨年のツアーの目玉だったプクタル・ゴンパももちろん訪問。僕が「ラダック ザンスカール スピティ[増補改訂版]」の表紙写真を撮ったスポットにもご案内します。サニ・ゴンパで催されるチャム(仮面舞踊の祭り)、サニ・ナロ・ナスジャルも見学しますが、実は今年のこの祭りの日の夜、現地では皆既月食が見られるという情報も……。いろんな意味ですごいプランになりそうです。

山本高樹同行 ラダックの旅 上ラダック・下ラダックの僧院探究とツォ・モリリ訪問 6日間

一方、ラダックでのツアーは、ラダックを初めて訪れる方におすすめできるベーシックな要素を備えつつ、リピーターの方にも楽しんでいただけるように、スムダ・チュン・ゴンパやピャン・グル・ラカン、サスポルのダクプクなど、知る人ぞ知るスポットへの訪問をセット。鍛治職人の村チリンにも滞在しますし、ツォ・モリリへの旅の途中には、ヒドゥンヒマラヤの上甲さんが「私のとっておきの場所です!」とおすすめしてくださった村(村の名前は秘密です……!)でのホームステイを予定しています。個人旅行ではなかなか回りきれない場所を、コンパクトな日程で旅することができるプランになっています。

いずれも発表したばかりのツアーですが、もうすでに、どちらのプランにもお申し込みをいただいているとの情報が(早っ!)。ご興味をお持ちの方は、お申し込みの前にとりあえずお問い合わせのメールだけでもGNHトラベル&サービスにお送りいただければ、詳しい情報を逐次ご報告させていただきますので、お気軽にどうぞ。

今年の夏も、ザンスカールで、ラダックで、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です