「百発百中 Ghlli」


インド大映画祭のリベンジ上映で、「百発百中 Ghlli」を観た。2004年に公開されたヒット作で、主演はヴィジャイ、ヒロインはトリシャー。

警官の父の目を盗んで仲間とのカバディに熱中する青年ヴェールは、試合に出場するためにこっそりマドゥライの街を訪れる。そこでは、地元で横暴を極めるムットゥパンディが、美しい少女ダナラクシュミに強引に求婚し、彼女の兄二人を殺した上で、彼女を我がものにしようとしていた。ヴェールはダナラクシュミをかくまいながら、彼女を米国の親類のもとへ逃れさせようとするのだが……。

物語としてはものすごくシンプルで、ひねりもトリックも伏線もサイドストーリーもないまま、ぐいぐいまっすぐに進んで、予想通りのエンディングを迎える。その後のヴィジャイの作品に比べると、カバディやアクションシーンの迫力は少し物足りないし、明らかに合成とわかってしまう拙いカットもある。ヴェールと家族とのコミカルなやりとりは、インドのコメディドラマのノリを知らないと戸惑うかもしれない。ヒロインのダナラクシュミの描かれ方も、さすがにちょっと受け身すぎるのでは、と感じる人もいるだろう。何しろ16年前の作品なので、そうした古さを感じてしまうのも致し方ないのかもしれない。

それでもまあ、この作品、面白いのである。これぞタミルの娯楽映画、という感じで、頭を完全にカラッポにして楽しむことができた。こんな風に楽しめる映画が、少なくとも僕には、時々必要なのだと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.