タマネギの切り方

家で自炊をしていると、知らずに通り過ぎてしまいそうだった豆知識にひょっこり出会ったりするので、面白い。

タマネギを切る時には、くし形切り、薄切り、みじん切りなど、切り方がいくつかある。その中でも、薄切りには大きく分けて二つの切り方がある。本体に対して縦方向に包丁を入れていく切り方と、水平方向に包丁を入れていく切り方。縦方向の切り方だと、タマネギの繊維の方向に沿って包丁を入れていくので、繊維をあまり切ることがない。水平方向の切り方だと、繊維を切断していくことになる。これらを加熱調理すると、縦方向の切り方をした方は繊維のシャキシャキ感が残りやすく、水平方向の切り方をした方はとろっとなりやすい……という知識を、今日ネットで拾った。

言われてみれば、確かにその通り(というか、常識なのかな……)。炒め物でシャキシャキ感を出したい時は縦方向の薄切りで。ある程度じっくり炒めて甘みを引き出したい時には、水平方向の薄切りか、もしくはみじん切りがよさそうだ。ちなみにうちでカレーを作る時は、一番最初にみじん切りのタマネギを15分くらい炒めている。こうすると、カレーにコクが出る気がする。

何もオチはないけれど(苦笑)、あさっての夜あたり、米を炊いて、カレーにしようかな。

Leave a Reply

Your email address will not be published.