「Highway」

Highwayデリーから成田に戻るエアインディアの機内で観ようと決めていたのは「Highway」。劇中歌のミュージックビデオをYouTubeで観て、この映画がキナウルとスピティでも撮影されていると知ってしまっては、見逃すわけにはいかない(笑)。

結婚式を目前に控えたヴィーラは、ある夜、家をこっそり抜け出してつかの間のドライブを楽しんでいた時、偶然ガソリンスタンドで遭遇した強盗団に拉致されてしまう。ヴィーラが有力な実業家の娘と知った強盗たちは彼女の処遇について言い争うが、一味の一人のマハービールはヴィーラを利用しようと、わずかな仲間とともに彼女を連れて逃亡の旅に出る。ある時、一行は警察の検問に引っかかってしまうが、ヴィーラはなぜか、トラックの荷台で警察から身を隠した‥‥。

誘拐された娘と誘拐した側の犯人が、逃亡を続けるうちにいつしか‥‥という筋書きは、割と予想しやすい展開なのかなとも思ったのだが、この「Highway」に関しては、ヴィーラがマハービールとともに逃げることを選ぶ、ある必然的な理由が隠されている。トラックで、バスで、そして徒歩で、インド各地を経巡る旅の中で、二人は互いをいたわりながら、徐々に心を通わせていく。だがその先には‥‥。

この映画、音楽もなかなか旅情を誘う素晴らしさで、キナウルからスピティへと抜けるバスの旅の時に使われていた「Kahaan Hoon Main」という曲は、僕が今年スピティで車に乗っている時もよくかかっていた。まあでも、ろくな装備も持たずにスピティから徒歩で山を越えて一気にカシミールまで行くのは絶対ムリ、というツッコミは一応入れておきたい。その山越えの道、自分で歩いたことがあるので(笑)。

やりきれない哀しみに満ちたロードムービーだけれど、車窓を流れるインド各地の風景と、アーリヤー・バットの迫真の演技を含め、一見に値する作品だと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.