ロールアップ

去年だったか、何年かぶりに新しいジーンズを買った。ほどよくラフな風合いで、穿き心地もよくて気に入っていたのだが、一つだけどうにかならないかなと思っていたことがあった。

歩いていると、両足の裾がスニーカーのシュータンと足首の間に挟まってしまうのだ。もう少し裾が長いか、あるいは逆に短ければ問題ないのだが、僕の足とそのジーンズの長さ(ちなみに裾上げはしていない)とのマッチングが、たまたま裾がシュータンのところに挟まってしまう長さになってしまっていた。たいしたことないと言えばそれまでだが、歩き続けるにはやっぱり気になってしまうので、このジーンズを穿く時は自然とシュータンのない靴(スリッポンやサイドゴア)を選ぶようになっていた。

で、この間のある日。うっかりこのジーンズにスニーカーを合わせて出かけてしまい、歩いてるうちに、あれ、挟まるぞ、困ったな、となり……。

ええい、もう、折り返しちまおうか。

この年になってジーンズのロールアップなんて、と正直躊躇したのだが、それ以上に裾が挟まるのがうっとうしかったので(苦笑)、くるっ、と1回折り返してみた。するとどうだ。劇的に穿き心地が改善。歩きやすく軽快になった。当たり前か。

そんなわけで、いい年こいたおっさんですが、最近は裾まくって、足首見せてます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.