ラジオのCMに思う

自宅にいる時、書き仕事でテンパってなければ、たいていラジオをかけ流しにしている。水曜の夜と、日曜の午後から夕方にかけては、InterFM。それ以外の時間帯は各局の番組内容に応じて気まぐれに、という感じだった。

でも最近は、上に挙げたInterFMの番組以外の大半の時間帯、Worldwide FMを聴くようになった。昨年9月にジャイルス・ピーターソンが中心になって立ち上げたインターネットラジオ局で、存在は前から知っていたのだが、先日iPhoneアプリがリリースされて、AirPlay経由で自宅のステレオで高音質で聴けるようになってからは、もう、こればっかり。まったく何の不満もない。合間にCMも入らないし。

CMといえば、巷のラジオ局では、「過払い金請求の無料相談」と「聞き流すだけの英会話教材」のCMが、なぜ、あんなにも存在感を発揮しているのだろう。統計を取ってるわけじゃないので、本数が多いかどうかまでは知らない。ただ、心地よい音楽の合間に急に突っ込まれる、あの唐突な異物感は、わざと演出してのものなのだろうか。のんびり気持ちよく散歩してる時に、突然、がくっ、と石ころにつまずいたみたいな気分になるのだが。

というわけで、今も聴いてるのは、Worldwide FM。いい。ほんとにいい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.