Days in Ladakh

スキウ

ラダックのローカル・フードでまだ紹介していないのは何だっけ‥‥と思っていたら、この間の夕食でスキウが出てきたので、紹介します。

スキウというのは、小麦粉を練ったものをシェルマカロニみたいな感じの団子にして、野菜や肉と一緒に煮込んだ料理です。味は家庭によってさまざまですが、ちょっととろみのある感じはシチューに似てます。そういえば名前も似てますね(笑)。町の食堂ではまずメニューにありませんが、田舎で民泊させてもらったりすると、かなりの高確率で出てきます。

スキウに限らず、モモやトゥクパなどのチベット料理は、ヘビーというか、食べるとおなかにずっしりたまります。地元の若い人たちはこういうローカル・フードを敬遠して、今やすっかりラダック人の主食となったライス&サブジー(野菜カレー)&ダール(豆カレー)といったインド本土から伝わってきた料理を好んでいるようです(スパイスはだいぶ控えめですが)。僕はどっちも好きですが、このラダックという苛酷な土地で生き抜いていくためには、ずっしり腹にたまるローカル・フードの方が適してるのかなあという気がしないでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です