« 死刑囚と臓器移植 | メイン | 怖いサンタ »

2005年12月10日

16強への試練

2006年のワールドカップドイツ大会、1次リーグの組み合わせが決まった。

グループA:ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル
グループB:イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン
グループC:アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ
グループD:メキシコ、イラン、アンゴラ、ポルトガル
グループE:イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコ
グループF:ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本
グループG:フランス、スイス、韓国、トーゴ
グループH:スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア

この中から、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出する。写真にするとこんな感じ(笑)。

日本はまずまず恵まれた組に入ったと思う。もちろんこの組ではブラジルが図抜けているが、クロアチアとオーストラリアは決して勝てない相手ではない。ブラジルと当たるのが3戦目というのもポイントだ。ブラジルが順当に勝っていれば、主力メンバーを温存する可能性もある。個人的には、本気のブラジルとのガチンコ対決を見たいけど。

それにしても、グループCはとんでもないことになったな‥‥。アルゼンチンとオランダ‥‥。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ymtk.jp/cgi-bin/mt/fromtheendoftheskyladakhtrackback.cgi/91

コメントを投稿

(今までここでコメントしたことがない時は、コメント表示前にこのblogの管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらく待ってください)