« GR DIGITAL、本体交換 | メイン | 歌う心臓内科医との遭遇 »

2005年11月 2日

黒楽茶碗と死体の花嫁

昼過ぎに笹塚で打ち合わせをこなした後、日本橋にオープンした三井記念美術館に行く。国宝や重要文化財の茶道具や書画がずらっと並んでいて、かなり壮観。個人的には、本阿弥光悦作「黒楽茶碗 銘雨雲」の凛とした佇まいが気に入った。でも、見物客のマナーはあまりいいとは言えなかったな‥‥。

その後さらに六本木に移動して、ティム・バートンの「コープス・ブライド」を観る。ちょっと前に観た、同じくティム・バートンの「チャーリーとチョコレート工場 」もかなり面白かったけど、こっちはそれ以上に彼らしい毒のある作品。とにかく、ストップモーション・アニメであの滑らかな動きは驚異的。監督やスタッフの熱意とこだわりが凝縮した、いい映画だと思う。

そんなこんなで充実した気分になって、晩飯は「モティ」という店でインド料理をたらふく食らう。タンドーリチキンはやっぱりうまい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ymtk.jp/cgi-bin/mt/fromtheendoftheskyladakhtrackback.cgi/43

コメントを投稿

(今までここでコメントしたことがない時は、コメント表示前にこのblogの管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらく待ってください)